PR

 プログラマーでなくても、ちょっとしたプログラムで仕事をグンと効率化できます。プログラミングで事務処理を何倍も早く終わらせる、さまざまな実用的プログラムを紹介してきた本連載も、残り2回となりました。事務処理も扱いつつ、画像を楽しく利用する方法もプログラムで実現してきましたね。その締めくくりとして、3回にわたって自分だけの本格画像ビューワーを作ります。今回はその第2回です。

 前回は、画像ビューワーの骨となる部分(画像の表示やファイルの選択機能)を作りました。今回は、モザイクをかけたり、白黒にしたりと、エフェクトをかける方法を紹介します。

画像エフェクトのサンプルプログラム

 前回作った画像ビューワーのプログラムを改造する形でプログラムを作っていきます。その前に、画像エフェクトのテストプログラムを作ります。簡単に画像エフェクトの使い方を確認するためのものです。

モザイクや白黒など、画像エフェクトをかけるプログラムです
モザイクや白黒など、画像エフェクトをかけるプログラムです
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料