PR

 Gmailでは、メールがスレッド表示される。

 最初にGmailを利用し始めた時こそ「えっ」と思ったものの、長年使い続けていると、いつの間にか慣れてしまい、メールとはこんなものだろうと思い込んでいた。

 ところが、実はスレッド表示、是か非かということがずっと議論されていたらしい。

 Googleも「この表示方法が万人に好まれるわけではない」と認め、スレッド表示、表示をユーザーが設定できるようにした。

 「スレッド表示ってなんだ?」

 と思われる方もいるだろう。メールの送信人のあとに()付きの数字が表示してある、あれである。

 スレッドは元々、より糸とか脈絡といった意味をもつ言葉で、発言とそれに対するコメントからなる一連のメッセージのことをいう。

 スレッド表示は、メールを一つひとつ表示するのではなく、返信でつながっているメールをひとまとまりにして表示する方法だ。

 スレッド表示はGmailの発明というわけではなく、例えばOutlook Expressでも設定できる。ただ、デフォルトの設定は、非スレッド表示だ。

図1 Outlook Expressでスレッド表示にするには、「表示」メニューから「現在のビュー」→「会話別にメッセージをまとめる」をチェックする
図1 Outlook Expressでスレッド表示にするには、「表示」メニューから「現在のビュー」→「会話別にメッセージをまとめる」をチェックする
[画像のクリックで拡大表示]

図2 すると、ひとつにメッセージに対してお互いに返信を繰り返したメールに関しては、ひとまとまりのスレッドとして表示される
図2 すると、ひとつにメッセージに対してお互いに返信を繰り返したメールに関しては、ひとまとまりのスレッドとして表示される
[画像のクリックで拡大表示]

図3 Gmailのスレッド表示と非スレッド表示の切り替えは「設定」の「全般」の中にある「スレッド表示」で行う
図3 Gmailのスレッド表示と非スレッド表示の切り替えは「設定」の「全般」の中にある「スレッド表示」で行う
[画像のクリックで拡大表示]