PR

 Mac版Officeの最新版「Office for Mac 2011」(以下Office for Mac)が登場した。今回はかなり厳しいことも書くが、基本的には良いアップデートだと思う。機能が増えているのに、体感的に軽くなっており、アップデートして後悔することはないはずだ。

構成アプリのロゴデザインも一新された「Office for Mac 2011」。左がWord、Excel、PowerPointから成る「Home and Student」エディション、右が前記3アプリにMac版初となるOutlookが加わる「Home and Business」エディションだ。
構成アプリのロゴデザインも一新された「Office for Mac 2011」。左がWord、Excel、PowerPointから成る「Home and Student」エディション、右が前記3アプリにMac版初となるOutlookが加わる「Home and Business」エディションだ。
[画像のクリックで拡大表示]

 ただし、WindowsとMacを使い分けているユーザーは、Office for Mac単体だけで良しあしをチェックしても、あまり意味がないと思う。Office for Macを使うユーザーの何割かは、Windowsと併用しているはずだ。Windowsとのデータ交換の必要性に迫られて利用している人も少なくないだろう。

 今回は、Windows版Officeとの比較を含めつつ、導入するべきか否かをチェックしていく。はっきり言ってしまえば、いわゆる基本機能に関しては、前のバージョンから文句の付けようがない。Excelで集計表を作ったりWordで稟議書を作るような作業で機能不足を感じることは、もはやみじんもないのだ。

 まずは、新しく採用されたインタフェース「リボン」の使い勝手をチェックしていく。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料