PR

さて、昨日は一日ロケで、あちらこちらに行っていました。
なかでも、出色だったのは、占いの先生の取材。
彼女は、手相や人相を鑑定するのよ。
取材が終わって、先生に尋ねた。
「私の手相はどうですかね?」
手を差し出すと、一見して。
「ははあ、トコさんは、自分の好きなことをするタイプですね」
と言われた。
「なんでですか?」

■その理由は、だいたい3本あるでしょ、手を横切っている線が。
詳しくないので、何と呼ぶか分かりませんが。
その線が、「川」の字のように全部はなれていたら、そういうことらしいよ。

分かりますか? 見やすいように赤ペンで線を引いてみました。
まあ、自分の好きなことをし続けるのが、トコの身上なんで、それはよかったが。
一緒にロケに行った若菜嘉晴さん(ホークスだったり、阪神だったり、ほかの球団にもいらした)が、
「トコちゃんの再婚運はどうなの?」
と余計な事を聞いた。
トコ的には、1人で楽しく暮らせたらそれでいいんだけど。
そしたらさぁ、驚くようなことを言われちゃったよぉ、、、

■「トコさんは、お相手が、年下ですね」
ひえ~~~~~~~~~~!!
今まで、気にもしてなかった、年下だって。
さらに、
「玉の輿に乗るには、財運線と結婚線がつながっていることが大切ですから」
と、その先生、トコの手のひらに、線を引いたよ。
「ええっ!!!! 玉の輿の手相を書いたの?」
「はいそうです、自分で線を書けばいいんですよ」
だってさぁ。
そういえば、韓国だっけ?
手相の整形をするって聞いたことがあるわ。
整形しなくても書けばいいんだ!!(ほんとかよ???)

■というわけで、その玉の輿の手相は、これです。

小指の下あたりにある、財運線と、手のひらのサイドから出ている結婚線を
ピャ~~~~~っとつなげればいいんだって。
こんなことで、玉の輿に乗れるなら、書いちゃうよ!!

■「ところで、先生、年下とおっしゃいましたが」
「はいそうですよ」
「年下って、今まで一度もないんですが。しかも年下だと、玉の輿のイメージがないんですが」
「いえいえ、年下だけど、トコさんを守ってくれるんですよ」
「ひえ~~~、これから、年下もきょろきょろ物色しようっと」
なんだかよく分からないけど、とりあえず、しばらく線を引いてみようと思います。

オ~ヂも線を引く?

代打のタントーナカガワ

オ~ヂの手に後で書き込んでおきますネ。