PR

 今回のテーマは「遭難」である。

 Gmailに届いたメールは基本的に「受信トレイ」か「迷惑メール」のどちらかに入る。自分で新しいラベルを作って、フィルターで自動仕分けを作りという場合は別だが、基本的な流れは2つだ。

 Googleの迷惑メールデータベースにチェックされて読まれないまま「迷惑メール」に入るメッセージと、受信トレイで読まれるのを待機するメッセージだ。

 Googleの迷惑メールフィルターは精度が高く、ほとんどの迷惑メールをシャットアウトしてくれる。では、逆に、迷惑メールじゃないのに、迷惑メール判定されて、目にふれまないまま消えてしまう可能性はないのか?

 なくはない。

 タイトルや本文などでスパム認定されてしまう可能性はゼロではない。実際、「迷惑メール」を見ていて、仕事関連のメッセージが入っていたことに気付いたという人は少なくない。

 筆者もこの原稿を書くために試してみようと思って、迷惑メールの一覧を眺め、3ページ目で大事な仕事関係の問い合わせメールを見つけ、愕然とした。

図1 実際に「迷惑メール」内を目視で確認していったら必要なメールが見つかって、愕然
図1 実際に「迷惑メール」内を目視で確認していったら必要なメールが見つかって、愕然
[画像のクリックで拡大表示]

図2 中身を確認し、すぐに「迷惑メールを解除」ボタンをクリック。これでこのメールは助かったが、ほかにもあるかも……
図2 中身を確認し、すぐに「迷惑メールを解除」ボタンをクリック。これでこのメールは助かったが、ほかにもあるかも……
[画像のクリックで拡大表示]