PR

 iPadのタッチ操作による使い勝手の良さは、今さら言うまでもないだろう。タッチの反応や精度は非常に快適で、軽く触れるだけで気分良く作業できる。ただし、唯一気に入らないのが、手書きだ。

 iPadのメモやお絵かきアプリは、手書きに対応しているものが数多いのだが、僕の太い指では思い通りに作業ができないのだ。画数の多い漢字だと、がんばっても画面上に10文字くらいしか書けない。これでは紙にかなわいないのは当然として、気分よく使う気になれないのだ。

 最近は入力用のエリアを用意し、手書きの大きな文字を自動で縮小して並べてくれるアプリも増えてきているが、それでも結構辛い。

 そもそも、文字を指で書くと動きが大きすぎて大変なのだ。やはり我々はペンで文字を書くことに慣れており、字数が多いときにはぜひとも使いたいところだ。ということで、今回はiPadやiPhoneに対応した手書き用のペンのベストバイを探していこう。両製品のタッチは感圧式ではないので、静電容量方式に対応しているペンでしか書き込めない。

 ちなみに、静電容量方式に対応するペンの利用感には、個人差があると言われている。今回のレビューは、あくまでも筆者の感想であることをご理解いただいたうえで、お読みいただきたい。

iPadにペンを組み合わせて使うと、手書きアプリがとても便利になる。
iPadにペンを組み合わせて使うと、手書きアプリがとても便利になる。
[画像のクリックで拡大表示]

最近は、手書き用のスペースを用意し、拡大して作業できるアプリも増えているが、やはりペンを使った方が快適だ。
最近は、手書き用のスペースを用意し、拡大して作業できるアプリも増えているが、やはりペンを使った方が快適だ。
[画像のクリックで拡大表示]

左はペンで書き込んだテキスト。右の手書きと比べると、明らかに文字数が増える。
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]


左はペンで書き込んだテキスト。右の手書きと比べると、明らかに文字数が増える。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料