PR

 Let's note Rシリーズに代わって、新しく登場したLet's note J。本体のデザインを一新し、Rと比較するとスタイリッシュな印象になった。また、装着したまま本体を開けられる「ジャケット」を採用したユニークな仕様だ。CPUに通常電圧版を採用しており、モバイルノートながら高いパフォーマンスを発揮できる。女性ユーザーを意識した製品だということで、女性目線も含めてレビューしていく。今回借りた製品は試作機なので、製品版と異なる点があるかもしれないがご了承いただきたい。

図01 女性ユーザーを意識したというLet's note Jシリーズ。軽さとバッテリー駆動時間が魅力的だ
図01 女性ユーザーを意識したというLet's note Jシリーズ。軽さとバッテリー駆動時間が魅力的だ
[画像のクリックで拡大表示]

Let's note Jの3大特徴
・ハンドストラップの付いたジャケットを標準装備
・通常電圧版のCPUを搭載
・クイックブートマネージャーで素早い起動

製品名Let's note Jシリーズ スタンダードモデル
メーカーパナソニック
OSWindows 7 Home Premium
画面サイズ10.1型ワイド(1366×768ドット)
CPUCore i3-370M(2.40GHz)
メモリー2GB
HDD160GB
本体寸法W251.9×D171.7×H27.3~35.1mm(ジャケット非装着時)、W259×D185×H39~48mm(ジャケット装着時)
重さ約1.185kg(ジャケット装着時)、約0.97kg(ジャケット非装着時)
バッテリー駆動時間約7.5時間

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料