PR

 iPadとiPhoneの独断場だった分野にいよいよ各社切り込んできたね。俺は前からソフトバンクが一人占めしてたiPhoneの牙城を苦々しく見てたんだ。電車に乗れば必ず1車両に4~5人はこの端末をいじりまわしている。

 「ええ、こんな親父まで?」と思うサラリーマンまで耳にイヤホンを付けて体をゆすりながらタッチ画面に触れている。どいつもこいつもこの画期的な便利な端末のとりこになっている。みんなが使うから俺も使ってみようと考えるのは日本人ならではだ。

 だけど冷静に考えればしょうがないことだよね。 芸人の世界だってそうだもの。誰もが呼びたい使いたいと思う落語家はテレビに出ていておもしろい人だ。そう考えると必然的に日曜夕方に放映している超人気番組〇点のメンバーになっちゃう。だから地方の大きな落語会はお客さんの集客力を考えると、みんなこのメンバーが独占状態にあります。みんなが使うから地方でも使う。これは世の常。ひがむんだったらお前もメンバーに選ばれるくらいに人気者になれってことだ。

 だけどこれじゃおもしろくないと、他の実力派落語家が反撃ののろしを上げるわけです。どうするか? テレビに出てないなら口コミ攻撃。テレビほどの即効性はないけど、じんわり確実に広がります。

「白鳥さんはすごく面白いよ」
「へー、聞いたこともない落語家さんだね。それじゃ試しにうちも呼んでみようかな。でも予算少ないんだよ」
「予算少なくても大丈夫。だって売れてる落語家さんのギャラの10分の1だよ」
「ええ、そんなに安いの。よし、ぜひ呼ぼう」
「どうだった、白鳥さん?」
「いや、うわさ以上におもしろかったよ。来年も呼びたいよ」
と評判になれば、それが広がって笑点メンバーの牙城に迫っていけるのだ。

でも反対に
「呼んだけどつまらなかったよ」
と口コミが広がれば芸人生命が断たれてしまう。諸刃の剣だ。

 さあ、そこで俺が聞いた新スマートフォンの口コミです。

 まずauが禁断の箱を開けるしまった。Skype機能の搭載である。Skypeとはインターネットを使っての無料通話機能である。通話代で利益を上げていたい電話会社が通話代無料。例えれば、牛丼屋が牛丼無料。落語家が落語無料。銀行が借り出し無料……これは違うか?

 思い切った行動を取った理由は、それだけ切羽詰まっていると言うことなんでしょう。iPhoneの肉を切らせて骨を断つ。まさしく相打ち覚悟の企画である。でも、これなら遠距離恋愛している貧乏カップルや単身赴任のお父さんと幼稚園年長組の娘には夢の電話になる。まず頭一つ抜いたらしい。

 次にドコモが出したのはiPhoneにはGALAXY S、iPadにはGALAXY Tabの2種。OSにはグーグルのAndroidを使用。GALAXY Sは全世界でたった5カ月で500万台を販売したらしい。触ってはいないがドコモ好きな俺にとっては待ちに待っていたのがGALAXY Tabだ。iPadよりずーと軽いと言うのもナイスである。画面も広角で見やすいらしいしタッチキーボードも打ちやすいらしい……すいません、みんな口コミの推測で。

 また東芝から、おサイフケータイを備えたスマートフォンが来年出るらしいと新潟県上越市のジャスコ携帯ショップのお姉さんが教えてくれました。お姉さん、田舎にいるくせに、そんな情報どこから得たのかしら?

 来年にはWindowsを搭載した端末がマイクロソフトから発売されるという情報もある。アップルだって黙っちゃいない。iPhoneの次世代機種を投入してくるだろう。どれが口コミで評判を得るのか楽しみだ。

 重いパソコンを持ち歩かなくてもメールやネットが見られて仕事の文章を作成できるスマートフォンが便利だと言うことを、くしくもiPhoneの爆発的な人気で世間は知ってしまった。パソコン業界だけじゃない。今まで参入しなかった企業だって差別化を図って想像も付かないようなスマートフォンを送り出してくるかもしれない。

 例えば任天堂ならニンテンドーDSを組み込んだ端末を出すかも。ゲームを安く手軽にダウンロードできれば、小学生に爆発的に売れるんじゃないかな。また子供の安全のために危ない目に遭うとブザーだけじゃなくて閃光を放ち、自動的に靴の中にしこまれたGPSによる追尾機能が発動する機能が付けば親にとっては安心だ。

 健康器具のオムロンならバイブ振動でマッサージ機能が付いたり血圧が測れたりする端末を出せばおじいちゃんに大人気だ。1人暮らしのお年寄りには1日スイッチが入らなかったら電話で確認するサービスなんかもありがたい。

 資生堂からは、自分の今日の顔を写真に取り込んで1番効果的な化粧方法を教えてくれる端末なんていうのもはやりそうだ。その上、その日の気分によって組み込まれたアロマの香りがするなんて癒やしの効果があっていいんじゃないかな?

 俺が夢見るスマートフォンは、3Dで目の前に綺麗に金髪の秘書が「ボス、4時から浅草演芸ホールの出番です」とか「ボス、夜はさくら水産で食事会です」なんてスケジュールを管理してくれる端末が欲しいな。そして、時には愚痴を聞いてくれたり「ボス、今日私酔っちゃった。帰りたくない」なんてしなだれかかってきたりしたらもう一生離しません。え、それはただの欲望? ごめんなさい、スマートじゃなくて厚かましい親父の妄想でした。