PR


 先週リリースされた「iLife '11」を早速インストールしてみた。
 我が家は2台のMacを使っているので、同一の家庭に置かれており、かつ同一の家庭に属する人により使用される限りにおいて、同時に最高5台までインストールできる「ファミリーパック」を購入。Amazonにて7482円ナリ。

 Twitterで「iLife '11」について気になる話を目にした。
 「iLife '11」をインストールすると「アクセス権」に何か問題が起こることがある…というツイート。
 アップルから公式にアナウンスされているわけではないし、パソコン音痴の私は「アクセス権」と言われてもピンとこないのだけど、問題が起こる可能性があるなら回避したい。
 ということで、「[要確認]iLife '11インストール後のアクセス権」という記事を参考にアクセス権の修復を実行しておいた。
 これで気分すっきり。

「iLife '11」をインストールする前に念のため「ディスクユーティリティ」でアクセス権を修復。
「iLife '11」をインストールする前に念のため「ディスクユーティリティ」でアクセス権を修復。
[画像のクリックで拡大表示]

 アップル製品にはたいてい取扱説明書的なモノが付いてこないのだけど、この「iLife '11」もペラペラと四つに折り畳まれた1枚のマニュアルが入っているだけ。

四つ折りのシンプルなマニュアル。
四つ折りのシンプルなマニュアル。
[画像のクリックで拡大表示]

 それと、おなじみ真っ白い林檎のロゴのステッカーが1枚。たまには白い林檎以外の柄のステッカーが欲しいぞう。

アップル製品を買うと付いてくる林檎マークのステッカー。
アップル製品を買うと付いてくる林檎マークのステッカー。
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料