PR

 2009年10月22日にWindows 7が発売されてから1年が経過。米マイクロソフトの発表によると、この1年間の出荷本数は全世界で2億4000万本以上に達したという。

 マイクロソフトの代表執行役副社長コンシューマー&オンライン事業担当である堂山昌司氏は、「Windows Vistaに比べて、顧客満足度は30%向上。サポートセンターへのコール数は60%も減少している」と、Windows 7が市場に受け入れられていることを示しながら、「この1年を振り返れば、Windows 7は大成功だといえる」とコメント。まさに1年目のWindows 7の販売は予想以上の成果だったといえよう。

Windows 7の1年目の成功を祝ってユーザー向けイベントで用意されたケーキ。
Windows 7の1年目の成功を祝ってユーザー向けイベントで用意されたケーキ。
[画像のクリックで拡大表示]

 そのマイクロソフトがWindows 7の発売2年目に打ち出すのが、各種製品、サービスとの連携強化による、「事実上」のWindows 7の機能強化だ。

 堂山副社長は、「Windows 7をより多くの人に使っていただくためには、Windows 7と、Windows Liveやクラウドが融合し、より豊かな使い方ができることを訴求していきたい」とする。

 すでに多くのユーザーが自宅に複数台のPCを所有していたり、オフィスと家庭のPCとを使い分けるなど、複数のデバイスを所有している例が増えている。また、携帯電話やスマートフォンでメールを閲覧したり、その中に写真データなどを蓄積したりといった利用も一般化している。

 こうした複数のデバイスにまたがる利用では、データをいかに共有するかが鍵になる。

 マイクロソフトでは、Windows 7とWindows Liveとの組み合わせによって、クラウド上に写真データや情報を簡単に保存することができ、複数のデバイスで情報を共有できることを訴求。さらに、この仕組みを利用して、複数の人で情報を共有することも訴える。

クラウドサービスとの連携強化で、Windows 7の使い道をさらに広げる。
クラウドサービスとの連携強化で、Windows 7の使い道をさらに広げる。
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料