PR

 今回取り上げるのは、バッファローの新製品「DTV-H500R」だ。製品ジャンルは「アナログテレビやパソコンのモニターに接続することを前提とした録画機能付きの地上デジタルチューナー」だが、本機には他にない特徴がある。500GBのハードディスクを内蔵し、単体で録画が可能な「地デジレコーダー」なのだ。それでもバッファローが「地デジチューナー」の呼称を選ぶのは、地デジチューナーを探す層をターゲットにした製品だからだろう。

 他の録画対応地デジチューナーは、USBハードディスクを外付けすることで録画機能を実現しているが、最初から録画前提で購入するならハードディスク内蔵機の方が扱いやすい。一方で、従来製品に多く見られたネットワーククライアント機能などをスッパリと切り捨てることでシンプルでクイックな操作と本体の小型化、そして低価格化を実現した。店頭価格は2万円台前半だ。

DTV-H500Rと付属のリモコン。リモコンと並べると本体のコンパクトさが際立つ
DTV-H500Rと付属のリモコン。リモコンと並べると本体のコンパクトさが際立つ
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料