PR

 今回は、無印良品が提供しているiPadのアプリ3本をまとめてレビューする。どれもデザインが良く、デキは上々だ。しかも、うち2本は無料で使えるのだからうれしい限りだ。無料アプリには無印良品のアイテムを買わせようとする宣伝が含まれているのだが、ソフトが使えることを考えれば妥当なレベル。iPadを使った新しいビジネスモデルとも言えるわけで、その点にも注目していこう。

 余談だが、最近はiPadの人気に若干の陰りが見える。入手も簡単になり、一時のような爆発的な勢いはない。とはいえ、今回のようなセンスが良いソフトを使ってみると、やはり独特の魅力があると実感できる。ちなみに、今回のアプリは3本ともiPadのみの提供だ。

手書きとテキストが混在できる本格派ノート

MUJI NOTEBOOKicon


仕事効率化 450円

iconicon

 最初にチェックするのは、有料の「MUJI NOTEBOOKicon」だ。

 手書きとテキストが混在できるノートで、有料なだけあって機能は本格的。450円という価格も絶妙で、メモを取る機会が多い人には十分にモトが取れるはずだ。

 ワープロのような本文の領域があるわけではなく、テキストもいわゆるテキストボックスに入力していく。あらゆるオブジェクトが画面上の自由な位置に動かせるのだ。ただし、テキストはテキストボックスのサイズに合わせて折り返してくれないのが弱点だ。ぺージをはみ出してもどんどん入力されてしまう。

 手書き文字は、書き込み用のボックスが表示され、小さな文字も問題なく書き込める。これはメモアプリで最近のトレンドだ。

 素晴らしいのがひらがな認識だ。ボックスにひらがなを入力すると自動で認識して、変換候補が現れる。これはなかなか便利だ。

ノートは、それぞれのノートブック単位で管理する。1つのノートブックに複数のページを作れる。
ノートは、それぞれのノートブック単位で管理する。1つのノートブックに複数のページを作れる。
[画像のクリックで拡大表示]

手書きは小さな文字でも書き込める。テキストは専用のボックスで入力する。色やサイズなども選べる。
手書きは小さな文字でも書き込める。テキストは専用のボックスで入力する。色やサイズなども選べる。
[画像のクリックで拡大表示]

ひらなが認識はなかなか良くできている。タイトルや注釈などの短文ならキーボードよりストレスなく入力できる。
ひらなが認識はなかなか良くできている。タイトルや注釈などの短文ならキーボードよりストレスなく入力できる。
[画像のクリックで拡大表示]