PR

 本コラムでは「仕事に役立つ」をテーマにJavaScriptプログラムを紹介していきます。第2回の今回は、WordファイルをPDF形式に変換するプログラムです。Word 2010からは標準でPDF形式でファイルで保存する機能が追加されましたので、この機能を利用します(Word 2007でも無償でPDF保存ができるアドインが提供されています)。

 とは言うものの、ただWordファイルをPDFに変換するだけなら、メニューの[ファイル>名前を付けて保存]をクリックしてファイルの種類を[PDF]で保存するだけです。

1つのWordファイルをPDFに変換するだけなら簡単
1つのWordファイルをPDFに変換するだけなら簡単
[画像のクリックで拡大表示]

 1つのファイルをPDFに変換するだけなら、プログラムを組む必要はありません。しかし、100個以上あるWordファイルをPDFに変換する必要があるとしたらどうでしょうか。手作業で変換するのは大変ですし、単純作業に時間を浪費してしまうことでしょう。そこで今回作るのは、Wordファイルをドラッグ&ドロップするだけで、PDF形式に変換するというプログラムです。

100個以上のWordファイルを選択してプログラム上にドラッグ&ドロップすると…
100個以上のWordファイルを選択してプログラム上にドラッグ&ドロップすると…
[画像のクリックで拡大表示]

PDFファイル形式に自動変換し保存します!
PDFファイル形式に自動変換し保存します!
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料