PR

 みなさん、モバイルしていますか? モバイルと言えば「スマートフォン」という時代になりましたが、以前は「PDA」というものがありました。

 PDAを覚えているでしょうか。「パーソナルデジタルアシスタント」の略と言われ、語源としては、アップルのPDA「ニュートン」が登場したときに生まれた言葉と言われています。

 1990年代初頭、「スマートフォン」どころか、「iモード」もない時代に、モバイルをしたいユーザー達は悪戦苦闘していました。笑い話ですが、学生時代の私は、モバイルをしたいときには、大きなデスクトップワープロを、スクーターに載せて持ち歩いていたほどでした。

 そんな時代に、モバイルユーザーが熱狂したのが「PDA」の登場です。CPUやメモリーは、今に比べると非力でした。インターネットが発達していない時代なので、通信するのも一苦労でした。グレーの公衆電話、いわゆる「グレ電」にモジュラーケーブルをつないで、ターミナルでパソコン通信をしていました。もちろん従量課金です。そんな「PDA」は、今の「スマートフォン」から比べれば、実用度は低かったかもしれません。しかし、今より何倍ものユーザーたちの「夢」が詰まっていたのが「PDA」だったのです。

 PDAは、1993年発売のHP100LXの登場を皮切りに、Palm、ニュートン、Zaurus、Windows CEなど、多くのOS、多くの機種が市場に出ました。しかし、携帯電話の普及、ノートパソコンの小型化の波にのまれて、2003年ごろから市場が急速に縮小してしまいました。その後は、ガラパゴス携帯の時代が続きますが、現在は、PDAのDNAを引き継いだスマートフォンが、再びモバイルシーンの主役になろうとしています。

 モバイルの一時代を作ったPDAの足跡を残そうと、オフィスマイカの呼びかけで、多くの有志たちからPDAを集めたのが「PDA博物館」です。その歴代のPDAを一同に介する「第一回PDA博物館展示会」が11月19日から21日の期間に開催されたのです。集められたPDAは200台以上。人気の高かったものから、超レアなものまで、ところ狭しと飾られていました。

 そちらの展示会にお邪魔しましたので、写真でレポートします。

図1 秋葉原のオノデンの5階の一角にて開催されました
図1 秋葉原のオノデンの5階の一角にて開催されました
[画像のクリックで拡大表示]

図2 時代順にPDAが並んだ姿は壮観でした
図2 時代順にPDAが並んだ姿は壮観でした
[画像のクリックで拡大表示]

図3 Palmユーザーの間で伝説のイベント「パクスポ」の看板が飾られていました
図3 Palmユーザーの間で伝説のイベント「パクスポ」の看板が飾られていました
[画像のクリックで拡大表示]

図4 Palmの神様「山田達司」さんが会場におり、ハンドスプリングの「Visorシリーズ」のカラーのコンプリートコレクションを見せてくれました
図4 Palmの神様「山田達司」さんが会場におり、ハンドスプリングの「Visorシリーズ」のカラーのコンプリートコレクションを見せてくれました
[画像のクリックで拡大表示]

図5 パネルディスカッションも開催されました。参加者は、J-OS生みの父の山田達司さん、伝説のPDA情報サイト「PDA-JAPAN」を主催していた庄司恒雄さん、有名モバイルユーザー文市さん、Palm&Macの有名ライターポチさんこと田中裕子さん、通信系有名サイトを主催するmemn0ckさん、オフィスマイカ主催の井上真花さんです
図5 パネルディスカッションも開催されました。参加者は、J-OS生みの父の山田達司さん、伝説のPDA情報サイト「PDA-JAPAN」を主催していた庄司恒雄さん、有名モバイルユーザー文市さん、Palm&Macの有名ライターポチさんこと田中裕子さん、通信系有名サイトを主催するmemn0ckさん、オフィスマイカ主催の井上真花さんです
[画像のクリックで拡大表示]

図6 パネルディスカッションに私も参加しました。こちらはスマートフォンを使うきっかけとなった「BENQ P50」という中国製のGSM携帯を説明しているところです
図6 パネルディスカッションに私も参加しました。こちらはスマートフォンを使うきっかけとなった「BENQ P50」という中国製のGSM携帯を説明しているところです
[画像のクリックで拡大表示]

 スマートフォンで、いつでもどこでも快適に通信ができる便利な時代になりました。しかし、PDAを使っていたあの時代の興奮を忘れることはできません。実は、今でも、あのPDAで夢見ていたことを、スマートフォンに託しているのかもしれません。そんな夢を思い出すことのできた貴重なイベントでした。