PR

 パソコンで日本語を入力するときに欠かせないのが日本語入力ソフト。WindowsやOfficeに付属しているマイクロソフトの「IME」が代表格ですが、その最新版「IME 2010」を無料でダウンロードできることをご存じでしょうか。Office XP/2003/2007/2010がインストールされたパソコンであることが条件となりますが、多くの人はいずれかのOfficeソフトを既に利用していることでしょう。最新版に無料でバージョンアップできるのですから、使わない手はありません(図1)。

 特にインストールをお薦めしたいのが、Office 2007で「IME 2007」を利用している方々。IME 2007は、それ以前のIMEとは異なる変換の仕組みを採用したため、当初はさまざまなトラブルに見舞われました。「変換が遅い」「誤変換が多い」といった批判を耳にしたことはありませんか。その汚名を返上しようと、マイクロソフトはIMEの改善、強化に注力しました。その結果生まれたのが、IME 2010です。「最新のIMEは効率もパフォーマンスもかなり自信の持てるものができたので、最新のOfficeをお持ちのお客様だけでなく、古いものをまだ使っていてお困りのお客様にも満足していただきたい」(同社)とのことです。

図1 IME 2010のWebサイト。右側にある「今すぐダウンロード」をクリックすると入手できる。その下にある「インターネット検索」をクリックすると、新機能「検索プロバイダー」のページが開く
図1 IME 2010のWebサイト。右側にある「今すぐダウンロード」をクリックすると入手できる。その下にある「インターネット検索」をクリックすると、新機能「検索プロバイダー」のページが開く
[画像のクリックで拡大表示]

 このIME 2010は、変換の精度や速度を向上させただけでなく、便利な新機能を備えています。今回私が注目したのは、「検索プロバイダー」機能。変換中の言葉をWebサイトの検索ボックスなどに転送して、検索結果を表示させることができます。例えば、マイクロソフトが提供する「Bing ベータ」という検索プロバイダーを利用すると、変換中の言葉を同社の検索エンジン「Bing」に転送し、Webブラウザーでその検索結果を表示できます。検索だけでなく、辞書サイトや翻訳サイトに言葉を転送し、その意味や翻訳結果を表示させることもできます(図2)。

図2 検索プロバイダーの紹介ページ。定義ファイルをダウンロードして、IME 2010に組み込んで利用する。記事執筆時点では、定義ファイルとして「Bing ベータ」「辞書検索(コトバンク)」「Weblio 辞書」「Microsoft Translator」の4つが公開されている。定義ファイルはユーザーが独自に作成でき、ユーザーが作成した検索プロバイダーへのリンクも掲載されている
図2 検索プロバイダーの紹介ページ。定義ファイルをダウンロードして、IME 2010に組み込んで利用する。記事執筆時点では、定義ファイルとして「Bing ベータ」「辞書検索(コトバンク)」「Weblio 辞書」「Microsoft Translator」の4つが公開されている。定義ファイルはユーザーが独自に作成でき、ユーザーが作成した検索プロバイダーへのリンクも掲載されている
[画像のクリックで拡大表示]

 検索プロバイダーは、自分で作ることもできます。そこで今回、当Webサイト「PC Online」用の検索プロバイダーを作ってみることにしました。