PR

 11月23日、iPadがようやくiOS4対応になった。正確には、iOSバージョン4.2。母艦となるパソコンとiPadをつなぎ、iTunesからアップデートを実行する。

 iPadでいくつのアプリを使っているか、どれだけのコンテンツを溜め込んでいるかによって状況は異なるが、筆者の場合は比較的あっさりとアップデートが終了した。

 一見、アップデート前と何も変わっていないように見える。実際に使ってみると、びっくりするくらいの変更がある。まさか、ボタンの機能まで変わっているとは思わなかった。

 ロックボタンが、ミュートボタンになっていたのは、電車の中などでいきなり音が出てしまったときにとっさに音量をオフにする需要が大きかったせいだろう。

 さて、今回の変更で、iPadでGmailやGoogle検索を使う時の利便性に変化はあるだろうか。

 結論からいうと、2つある。

 1つは、マルチタスクへの対応で、いま使っているアプリをそのままの状態にして、すぐに新着メールがないかどうかをチェックできるようになった点。

 もう1つは、フォルダー作成機能を使って、Google関係のアプリを1カ所にまとめることができるようになった点。

 今回は、この2点を紹介する。

図1 iOS4.2にアップデートしたiPadのホーム画面。背景が新しくなり、「Game Center」という機能が追加された。赤線で囲んでいる部分は筆者が作成したフォルダー
図1 iOS4.2にアップデートしたiPadのホーム画面。背景が新しくなり、「Game Center」という機能が追加された。赤線で囲んでいる部分は筆者が作成したフォルダー
[画像のクリックで拡大表示]