PR

 最近、携帯電話やiPhoneを接続できるモバイルプロジェクターが続々登場している。鞄に易々と入るコンパクトなプロジェクターを持ち歩いて、必要なときに投影できるなんて、まるで夢のような話だ。特に、モバイルノートとプロジェクターを苦労して運んでいた人には、とても魅力的に感じるだろう。

 僕も仕事柄いろいろと試しているのだが、残念ながらフルサイズのプロジェクターとは別物だ。とにかく明るさが不足しているので、これまでのプロジェクターと同じ用途で使おうと考えると、ちょっと厳しい。軽快さを生かした違う使い方をするべきだろう。

 さて、今回借りた「MiLi Power Pico Projector」は、iPhone専用のモバイルプロジェクターだ。他のモバイルプロジェクターがいろいろな機器を接続できるのに対し、iPhoneを軸に設計されているところが最大の特徴だ。iPhoneをセットして、あたかも一体化したかのように使えるのだ。

 付属のケーブルを使えばVGA接続でパソコンなどともつなげるのだが、それがメインの使いかたなら本製品である必要はない。iPhoneを手軽に投影できるツールとして使いこなしたいところだ。

 ちなみに価格はact2の直販で4万9800円。3Mのポケットプロジェクターが3万円台前半で買えることを考えると、やや割高感がある。

「MiLi Power Pico Projector」を畳んだ状態。まるで電動シェーバーか何かのようなサイズで、この状態ではプロジェクターとは気が付かないだろう。
「MiLi Power Pico Projector」を畳んだ状態。まるで電動シェーバーか何かのようなサイズで、この状態ではプロジェクターとは気が付かないだろう。
[画像のクリックで拡大表示]

付属品はかなり多い。ACアダプターをはじめ、VGAケーブルやAVケーブルも同梱される。これらを利用すれば、iPhone以外の製品も接続可能だ。
付属品はかなり多い。ACアダプターをはじめ、VGAケーブルやAVケーブルも同梱される。これらを利用すれば、iPhone以外の製品も接続可能だ。
[画像のクリックで拡大表示]