PR

直井研究員(以下直井):所長! 新年あけましておめでとうございます!

平野所長(以下平野):おめでとう。直井さん、元気いっぱいだね。冬休みはゆっくりできたかい?

直井:あっと言う間でしたよ。もっと、グ~タラしたいなぁ。お雑煮まだ食べてないし。

平野:新年早々、食べることか。シャキッとしてね。今年も頑張ろう!

直井:頑張るんでお年玉ください!

平野:よしよし。今年もお年玉付き年賀状がたくさん届いているぞ。見たかい?

直井:そーですね……。どーせ年賀状は当たらないし~。所長のケチ……。

平野:何か言ったかい?しっかり年賀状に目を通しておくんだよ。

直井:は~い。しかし所長……困りました。年賀状も年賀メールも送っていない人から年賀状が届いています。どうしよう……。この場合、どのようにお返事したらいいですか? メールじゃ失礼かなぁ??

平野:年賀状には、なるべくハガキで返事をしたほうがいいだろうね。

直井:え? 今年、ビジネスメール研究所ではハガキの年賀状をやめて年賀メールに切り替えましたよ。結局はハガキが良いってことですか? 矛盾しています!

平野:おいおい、血気盛んにかみつかないでおくれ。説明するからしっかり聞くんだよ。

直井:はい。

平野:まず、「年賀」というのは、新年の挨拶や贈り物のことを指す。年始の挨拶に訪問することを「年礼」「年始」「賀礼」と言うこともあるね。

直井:年賀状は年始の挨拶状って意味ですね!

平野:そう。ハガキやカードを用いた挨拶のことだ。そして、メールでの年始の挨拶を年賀メールと言う。そもそも年賀状や年賀メールは、新年のご挨拶をするものであって、相手に不快感を与えるものではない。

直井:そんなの当然じゃないですか! 分かっていますよ。

平野:そうかな? 自分は送っていない相手から年賀状が届いた場合、返礼する際に大切なことは、相手がパソコン上でのご挨拶となる年賀メールを受け入れてくれるかどうかを見極めることだよ。

直井:どういうことですか?