PR

 韓国は陰暦を使っているので、2011年のお正月は2月3日である。まだだいぶ先にあるせいか、西暦では年は明けたものの、なんだかまだ新年気分がしない。1月1日だけが休みで連休でもないからなおさらそうなのかもしれない。それでも12月が年度末なので、各企業や省庁では始務式がすでに執り行われ、新年の業務が始まってはいる。ただ、お正月前だと「2011年初仕事!」の気合がなかなか入らない。

 新年なんだけどまだ新年ではないような、そんな気分を一気に覚ませてくれるのが、米ラスベガスで1月6日から始まる世界最大級の家電展示会「2011 International CES」と言える。サムスン電子、LG電子を中心に韓国が誇る「世界初」、「世界最高」という宣伝文句を掲げた新製品を一挙公開する。世界の家電とIT製品のトレンドを把握できる展示会だけに、IT輸出が経済を支える韓国ではIT業界人だけでなく、一般市民も注目するニュースでもある。開催前からネットでは今年のCESにはどんな新製品が出展されるのか現地からの報道が絶えず、出展するメーカーは現地からネット中継で自社の展示内容を宣伝するほど力を入れている。

 2011年のCESは、欧米の景気回復を反映して、より画面が大きくて薄いパソコン・携帯電話・テレビ、インターネット経由でつながるスマート家電が注目されているという。今年の目玉としてサムスンとLGが宣伝しているのはなんといっても「スマートTV」。テレビを観たり、ネット検索をしたり、動画を観たり、ゲームをしたり、テレビからTwitterにつぶやいたり、スマートフォンやタブレットPCと連動してアプリケーションを利用したりできる。サムスンとLGは世界TV市場シェア1位を守るためにも3DTVに続いてスマートTVでも1位を狙う。

 サムスンは史上最大規模、参加企業の中でも最大規模の展示ブース(2584平方メートル)で参加する。既存のものより10インチも大きくなった世界最大という75型スマートTVも初めて公開される。フルHD、2Dから3Dに変換する機能付き、大型には適用するのが難しいといわれたエッジ型LEDバックライトを搭載しているのが特徴である。スマートTVだけで2011年の世界市場において1000万台の販売数を予想する。