PR

「はこBOON」(伊藤忠商事)

たいていの宅配便は荷物の大きさで料金が決まる…

 仕事先との校正原稿のやりとりやレビューに使う機器の発送、ネットオークション、友人への贈り物など、筆者は宅配便を利用することが多い。ただし、通常利用するヤマト運輸や佐川急便などの宅配便、料金体系は箱の大きさ(箱の3辺の合計)重視。そうなると、たくさんの緩衝材を入れて守らなければいけない精密機器や、大切な贈り物などは梱包が大きくなってしまってけっこう高上がりになってしまう。あと、送る段ボール箱もコンパクトなものを厳選したり、小さめに加工したりしないと、すぐに高料金に。

 例えば、筆者の住む信越地方から関東まで宅配便を送る場合、ヤマト運輸だと「60サイズ(箱の3辺の合計が60cm以下)」で740円、80サイズで950円、100サイズで1160円、120サイズで1370円、という具合である(各サイズには重さ制限もあり)。書類の入った封筒だとまあぎりちょんで60サイズ、大きく厚いと80サイズ。いっぽう段ボール箱に入れて送る荷物は、60や80サイズで収まることはかなり小さいものでないと難しく、ちょっとした具合ですぐに1000円~1500円近くかかってしまう。

図1 ヤマト運輸の宅配便のサイズ表。大きさと重さが料金の要素となるが、どちらかというと大きさ重視で料金が決まる
図1 ヤマト運輸の宅配便のサイズ表。大きさと重さが料金の要素となるが、どちらかというと大きさ重視で料金が決まる
[画像のクリックで拡大表示]