PR

 ようやく、MacにもApp Storeがオープンした。基本的には、iPhoneやiPadでおなじみになっているApp Storeのパソコン版と考えればよいだろう。そもそも、なぜ今までなかったのかが不思議で、OSとしては弱小なMacだからこそ、いち早く充実させるべきだったのだ。

 App Storeによってアプリの流通がスムーズになって手に入れやすくなれば、また多くのアプリが投入されるだろう。iPhoneが大ブレークしたのも、秀逸なアプリがあってこそ。さらに、アプリが売れた要因が、App Storeの使いやすさ、探しやすさにあったのは間違いない。

 Mac App Storeも使い方はiPhoneと同じだ。気に入ったアプリを見つけたら、ボタンをクリックしてインストールできる。インストール作業も非常に簡単で、ファイルをダウンロードして解凍し、という、これまでのオンラインソフトのような手順は不要。ボタンをクリックすると、アイコンがDockに飛んでいくという、Mac OSらしいギミックとともにインストールが始まるのだ。また、アップデートも一括してできるそうなのでとても便利である。

 アプリには無料と有料のものがあって、有料のものもApple IDを入力するだけなので、とても気軽に買える。

 非常にうれしいのが、アプリの利用権がIDにヒモ付いていること。複数台数のMacを利用していても、Apple IDを入力するだけでインストールできるのだ。もちろん、インストール用のディスクは不要なので、光学ドライブを持たないMacBook Airを利用しているユーザーにも使いやすい。オンラインで購入したアプリのように、それぞれに別の利用コードを管理する必要がないのも朗報だ。

いよいよスタートしたMac App Storeは、初日だけで100万本のダウンロードがあったとか。日本語対応アプリの充実を切望する。
いよいよスタートしたMac App Storeは、初日だけで100万本のダウンロードがあったとか。日本語対応アプリの充実を切望する。
[画像のクリックで拡大表示]