PR

OnDeck
発行:インプレスR&D
価格:無料

 紙で出版されているありとあらゆるコンテンツを1台でまかなえる読書リーダーはまだ発売されていない。分かりやすくいうと、文庫、新書はKindleのようなE Ink(イーインク)採用の軽量なデバイス、コミック、雑誌はiPadのように大きな液晶画面を採用したデバイスというふうにすみ分けが進むだろう。

 表現力はiPadの方が上なので、Kindleでは表示がつらいコミックや雑誌でも扱える。逆に言うと、文庫や新書はごくシンプルなレイアウトなので、片手で読むには重たいiPadを使う必然性が薄い。

 では、ということで、PDFかそれに似たフォーマットで提供されている雑誌コンテンツをいろいろと読んでみたが、紙のレイアウトをそのままiPadの画面に流し込まれるとつらい。iPadの画面が大きいといっても、まだ紙に対抗するほどのクオリティーは、ない。有り体にいうと、老眼にはつらすぎる。目のいい人だって、こんなの読んでたらすぐに目を悪くするぞと思う。

 というわけで、どうしても意識はEPUBに行く。EPUBというのは、PDFと正対する電子書籍のフォーマットである。技術的な話はここではしないが、最大の特徴はリフロー機能にある。レイアウトを固定しないため、ユーザーが指定する文字のサイズで、1画面内に入る文字量が違ってくる。ページという概念から離れたいかにも電子書籍らしいフォーマットである。

 読書リーダーは製品ごとにと言っていいほど画面サイズや解像度や縦横比が異なるので、PDFのようなページ固定のレイアウトはなじみにくい。もちろんPDFも拡大縮小できるのだが、拡大した分、はみ出す部分が出てくる。はみ出した部分は画面をスクロールして読むことになる。単純にページをめくるという動作だけで本を読んでいけないのが苦痛だ。

 とはいえ、では、EPUBには問題がないのかというと大ありで、リフローができる分、レイアウトの自由度が低い。日本語の表現も苦手だ。現状縦書き表示ができないし、縦中横にも圏点にも対応していない。リーダーアプリ側もまだ未完成で、きちんと禁則処理を行えるものを見たことがない。

 今年の5月に完成する予定の新規格「EPUB 3.0」では、前記の問題は解決されるが、リーダーアプリがいつきちんとした日本語表示に対応できるかはまた別の話。さらに、出版のプロセスの中にEPUB変換を取り込むシステムがいつ頃普及するのかも分からない。というわけで、本命視されながら、現実にはEPUB形式のコンテンツはまだまだ少ないのが現状だ。

 そんな中、果敢にもEPUB形式で雑誌を配信する試みが始まった。それがインプレスR&Dの「OnDeck」(オン・デッキ)である。

<a href=OnDeckの配布ページ。現在は創刊号と第2号がダウンロードできる。">
OnDeckの配布ページ。現在は創刊号と第2号がダウンロードできる。
[画像のクリックで拡大表示]

2011年1月18日に出た第2号の表紙。OnDeckはiPadから直接ダウンロードできる。
2011年1月18日に出た第2号の表紙。OnDeckはiPadから直接ダウンロードできる。
[画像のクリックで拡大表示]