PR

 今回もAndroid端末を取り上げる。NTTドコモが昨年末に発売した、サムスンのGALAXY Tab(SC-01C)だ。音声通話できるので「スマートフォン」に分類されるようだが、7型液晶を搭載していてサイズ的には「タブレット」と呼ぶ方がふさわしい。私はiPhone4を持っており音声通話はそちらで十分。電話として使うつもりはまったくなく、情報端末としての用途を期待して使い始めた。
 
 MNP利用で新規契約しており、ドコモ独自のspモードを利用するニーズもない。ユーザーとしてはちょっと特殊だが、こういう「専用サービスは不要で、Androidを使うためだけに契約する」パターンは、今後増える予感がしている。

GALAXY Tab。ワイド画面搭載機なので、やや縦長のデザイン
GALAXY Tab。ワイド画面搭載機なので、やや縦長のデザイン
[画像のクリックで拡大表示]

背面は白。上部にはカメラとストロボ用のフラッシュライトが内蔵されている。カメラはCMOSで約320万画素。画質はあまり高くない
背面は白。上部にはカメラとストロボ用のフラッシュライトが内蔵されている。カメラはCMOSで約320万画素。画質はあまり高くない
[画像のクリックで拡大表示]

付属のUSBケーブルとACアダプター(USBケーブルを接続して使う)。ヘッドセットは試供品の扱いだが同梱されている
付属のUSBケーブルとACアダプター(USBケーブルを接続して使う)。ヘッドセットは試供品の扱いだが同梱されている
[画像のクリックで拡大表示]