PR

 読者の皆さんの中にもブログを書いている方は多くいるでしょう。今回は、普通に書いた文章をブログ用のHTMLに変換するプログラムを作ります。ただ文章を変換するのではなく、Wiki記法で書いた見出しやリストなども認識するようにしましたので、長めの文章を書いたときなど、ブログ更新がきっと楽になると思います。しかも、WebブラウザーのGoogle Chromeを使っているなら、Chrome拡張機能として動作させることもできます。

 このプログラムは、Webブラウザー(あるいは、Google Chromeの拡張機能)として動きます。そのため、Windows/Mac/Linux問わず動かすことができます。プログラムを以下よりダウンロードしたら、「popup.html」をブラウザーで表示するとプログラムを実行できます。

 プログラムを実行したら、文章を上側のテキストボックスに入力して「変換」ボタンを押すと、下側のテキストボックスに変換されたHTMLとプレビュー画面が出力されます。HTMLをコピーして、ブログ投稿欄に貼り付けます。

Google Chrome拡張として使ったところ
Google Chrome拡張として使ったところ
[画像のクリックで拡大表示]

テキストをHTMLに変換します
テキストをHTMLに変換します
[画像のクリックで拡大表示]

ChromeでなくてもIEでも動きます
ChromeでなくてもIEでも動きます
[画像のクリックで拡大表示]

 プログラムは、こちらからダウンロードすることができます。