PR

 何か思い付いたらすぐにiPhoneかiPadを手に取り、チョコチョコっとメモするという生活が身に付いた。そんな時、使うアプリはEvernoteが一番、場合によってはiCal(Macの場合。iPhoneやiPadなどのiOS機の場合は「カレンダー」)だ。なぜこの2つかって? それは、手元にあるこの3種類のデバイスならどれで入力しても、全てに情報が行き渡り、電話で突然呼び出されたとしても、行く先々でいつでも参照できるからだ。もう身体に染みつき始めたこの習慣に分け入ってきそうなアプリが登場した。「7notes」。ジャストシステム創業者の浮川和宣氏と浮川初子氏がジャストシステムを退いたのちに設立した新会社「MetaMoji」の初めてのiPad向けアプリケーションだ。

プラットフォーム間の連携はまだまだだが、入力のしやすさはピカイチ

 Evernoteが手放せないのは、冒頭に書いた通り、iOS機(iPod touch、iPhone、iPad)⇔PC(Mac、Windows)⇔Web間が全くシームレスに同期し、どこから入力しようが全てのプラットフォームで継続して読書きできるという点がとても有効だからだ。

 デスクに座って仕事をしている時、ふと思い付いたこと、Webページで見つけた貴重な情報をEvernoteに放り込んでおきさえすれば、突然のミーティングに飛び出したとしても、iPhoneでどこに居ても見直すことができる。また、面白い光景を目にすれば、iPhoneのEvernoteで写真を取ったり、音声メモを作りさえすれば、デスクに戻って加筆するなんてことがごくごく自然にできる。まさにクラウドコンピューティングの最も良いところをしっかりと取り込んでいる。

 しかし、問題はふと思い付いたことが言葉で表現できなかったり、言葉の断片しか頭に浮かんでいなかったりした時、書き留めるのはとても難しい。しかも、そういう、いいひらめきは忙しく別の仕事をしている時だったり、通勤途中の電車の中だったりして、なかなか文書にまで落とし込めないのが常なのだ。

そんなときに出会ったこのアプリ 「7notes」は、まだイメージも固まっていないひらめきを書き留めておくのに実にパワフル、スピーディ。思い付いたらすぐに、絵文字だろうが、イラストだろうが、何でも混在させて残しておける(図1)。

図1 思い付いたアイデアをささっと書き留められる。いつでも持ち歩くiPad向けアプリとしてはとても有用、有望なアプリだ。
図1 思い付いたアイデアをささっと書き留められる。いつでも持ち歩くiPad向けアプリとしてはとても有用、有望なアプリだ。
[画像のクリックで拡大表示]

 残念ながらEvernoteのようにプラットフォームを越えてシームレスに連携しあう仕組みは備えないが、出来上がったメモをEvernoteアカウントにメールすればこれまでの環境となんとか共存できる。まだ数パーセント程度だが、確実に私の生活に浸透しつつある。