PR

 東北地方太平洋沖地震(東日本巨大地震)の発生を韓国の人々が知ったのは、やはりTwitterからだった。携帯電話が通じない中、スマートフォンのメッセンジャーを利用して被害状況は刻々と伝わった。東京に住む韓国人のほとんどは地震で怖かったというより「日本はすごい!」というメッセージをTwitterに残した。

 津波の被害は甚大だが、地震そのものでは建物が崩れたりする被害が少ないことにまず日本はすごい!とつぶやく。交通が麻痺して家に帰れないかもしれないというのにパニックになるどころかみんながバス停で並び運行再開を待ち、至る所に椅子が置いてあって休めるようにしたりトイレを使えるよう開放したりすることに日本はすごい!とつぶやいている。

 また、日本では英語だけでなくいろんな国の言葉で災害情報を流すボランティアが多いことにも驚いていた。韓国語、中国語、ベトナム語、インドネシア語、ロシア語、ルーマニア語などありとあらゆる言語で災害情報が提供されている。家族と一緒に日本に来たものの、日本語も英語も分からない主婦や子どもにとって、自分の国の言葉で迅速で正確な災害情報を得られることは何よりも心強いだろう。

 地震発生時、ドラマのプロモーションやアルバム発売記念イベントなどで東京を訪れていた韓国の人気芸能人が10人以上もいた。

 その芸能人らはTwitterで、地震が発生したと同時にテキパキと対処するテレビ局やホテルの社員達の姿に感動したとつぶやいている。地震は初めてでおろおろしてしまった韓国からの一行を安全な場所へ避難させてくれ、帰国するまで「私達は地震に慣れているからいいけど、韓国は地震がないから驚いたでしょう?」と逆に励ましてくれたそうだ。

 韓国企業の東北支社に勤める人からは、自宅の被害が大きいにもかかわらず会社に残り取引先の安否を確認したり、工場の生産や物流の調整を行う日本人社員の強い責任感に感動したというつぶやきが続いている。日本人社員らへの恩返しのためにも、被災地にできるだけ多くの物資を送るとしている。東京から東北地方へ商談に来ていた韓国人のために、余震が続く中、ほぼ1日かけて車を運転し東京まで連れてきてくれたという話が新聞で紹介され、どんなに大変なときでも他人を配慮してくれる日本人の心を韓国人は忘れてはならないというコメントが数百件も書き込まれた。

 福島の原子力発電所に関しても、「とても危険な状況だと知っていながらも、黙々と仕事を続ける職員のみなさんはすごい。韓国だったら…」と日本人の強い精神力を称賛する書き込みもどんどん増えている。東日本巨大地震をきっかけに、日本を見直した、日本が好きになったという人も数知れない。

 日本で活躍している韓流スターらの寄付リレーも始まった。ヨン様ことペ・ヨンジュンは日本内閣府傘下政府基金に10億ウォン(約7000万円)を寄付した。茨城空港でイベントを開催したばかりだったチャン・グンソクは日本赤十字に1000万円、リュ・シウォンは2億ウォン(約1400万円)の寄付だけでなくボランティア活動を始めると公表した。ソン・スンホンは韓国で行われている被災地復旧募金に2億ウォンを寄付した。KARAは新アルバムの収益全額を寄付するとしている。韓流スターのファンクラブも賛同し、寄付金を集めている。ネットで行われている募金には半日で3000人近くが参加している。

 サッカーのパク・チソン選手は、「日本で選手生活を送りながら情を感じていた私としては非常に驚き、残念な気持ちでいっぱいです。私たちは人間だからこそ自然の前では無力で仕方ありませんが、人間だからこそ互いに助け合い、頼り合い、力付くことができると思います」と、本人の財団ホームページに直接日本語で応援のメッセージを残している。日本で選手生活をし、それをバネにして韓国代表となりイングランドプレミアリーグにも進出できただけに、力になりたいと思う気持ちも人一倍のようだ。