PR

 いよいよ登場する「iPad 2」。米国で先行発売されたものをいち早く入手したので、ファストインプレッションを含めて初代iPadと比較しつつ、どのモデルを買うべきかを徹底チェックしていく。ただし、本記事執筆時点では、発売日、価格ともに明らかになっていないので、価格は想定で検討していく。

 「初代とあまり変化がない」などという声も聞かれるiPad 2だが、実物を手にしてしばらく使ってみると、恐ろしいほど進化していることが分かる。

 初代iPadとサイズを比較してみよう。

 ・初代

 幅189.7×高さ242.8×厚み13.4mm 680g(Wi-Fiモデル)

 ・iPad 2

 幅185.7×高さ241.2×厚さ8.8mm 601g(Wi-Fiモデル)

 驚異的なのは薄さで、8.8mmというサイズはまさに板のように感じる。ちなみに、薄いと言われるiPhone 4でさえ9.3mmだ。初代iPadも、周囲を薄くして真ん中を膨らませたデザインで薄く見せていたが、iPad 2はとてつもない薄さといえる。個人的には若干、軽量化されたのもうれしい。

 デザインなどは後述するが、この薄さによってiPadとのつきあい方が変わると思う。数字的にはおよそ5mmしか変わらないのだが、実際に鞄に入れてみると差は少なくない。いくつかのビジネスバッグにしまってみたのだが、恐ろしいほど存在感がなく、サイドポケットにすんなり収まるのである。もはや、デジタルツールを持ち歩くと言うよりは、薄いノートを運ぶ感覚だ。ちなみに、僕が愛用しているロディアのブロックメモは、80枚の用紙でiPad 2とほぼ同じ厚みである。

iPad 2の魅力は写真だけでは伝わらない。驚くほどの質感の高さで、手にすると間違いなく物欲を刺激するはずだ。
iPad 2の魅力は写真だけでは伝わらない。驚くほどの質感の高さで、手にすると間違いなく物欲を刺激するはずだ。
[画像のクリックで拡大表示]

初代iPad(右)と比較。液晶のサイズや解像度も、本体の大きさはほとんど変わらない。
初代iPad(右)と比較。液晶のサイズや解像度も、本体の大きさはほとんど変わらない。
[画像のクリックで拡大表示]

本体の薄さは圧倒的で、エッジをそぎ落とした形状だが全体に薄い。
本体の薄さは圧倒的で、エッジをそぎ落とした形状だが全体に薄い。
[画像のクリックで拡大表示]

全体が白く見えるが、側面と背面はアルミである。
全体が白く見えるが、側面と背面はアルミである。
[画像のクリックで拡大表示]