PR

 従来のAndroidタブレット端末は、スマートフォン用に開発されたOSを搭載しており、大きな画面を十分に生かし切れていなかったと言えるだろう。最新OS「Android 3.0」はタブレットに最適化されており、大きな画面に適したユーザーインタフェースで使い勝手が大きく向上している。Android 3.0を搭載した最新機種「Optimus Pad L-06C」はデュアルコアCPU「Tegra2」を搭載しており、高いパフォーマンスにも期待できる。

図1 前側にはボタンがまったくなく、4方向どの向きでも区別なく使える。使っているうちに向きが分からなくなり、電源ボタンを見つけにくいことがあった
図1 前側にはボタンがまったくなく、4方向どの向きでも区別なく使える。使っているうちに向きが分からなくなり、電源ボタンを見つけにくいことがあった
[画像のクリックで拡大表示]

Optimus Pad L-06Cの3大特徴
・Androidならではのウィジェットが大きく進化
・3D対応カメラやHDMIポートなど高いエンターイテインメント性
・デュアルコアCPU「Tegra2」を採用

製品名Optimus Pad L-06C
キャリアNTTドコモ
メーカーLG電子
OSAndroid 3.0
入力タッチパネル
画面サイズ画面サイズ 約8.9型(1280×768ドット)
CPUNVIDIA Tegra 2(T250)1GHz
ストレージ32GB
本体寸法約W243×H150×D12.8~14.1
重さ約620g