PR

 スマホに変えて、みんなタッチ式の文字入力にまずは手こずる。

 トコも四苦八苦しました。

 メールの文章を入力するにイラッとして、しばらくは電話をかけて伝言を残したわ。最近も、飲み会の返事が友人Uちゃんから来ないなと思っていたら、電話が来た。

「ごめんトコさん、私、先週スマートフォンに変えて、メールが打てないの。それで、飲み会の返事が遅れなくてすみません。参加します!」

……痛いほど分かる。

 さあ、そんなスマホの文字入力に慣れない人には、ものすごく役に立つ機能をご紹介。

Androidの得意技《音声認識機能》

 スマホを持ってて良かったなと思う場面は、さくさくネットにつながること。でもサクサクつなげる前段階として、調べたいWebページに素早く飛ぶために検索をかけます。

 文字入力に慣れていないので、なかなか、検索ボックスへの文字入力がスムーズにいかない。しかし、Androidは文字入力なんかしなくても大丈夫。

 Googleでネットを調べるのに、検索に文字を入力せずに、「しゃべったら探してくれる」。これが、本当に賢い。

 使い方です。

 まずは、画面を横にスライドさせます。すると出てくるのが、Googleの検索ボックス。そのバーの横にマイクの絵が付いています。

[画像のクリックで拡大表示]

 そのマイクの絵をタッチします。

 すると、こんな画面が。

[画像のクリックで拡大表示]

 「お話しください」とあるので、探す単語を、スマホに向かって話しかけます。恥ずかしがらずに、はっきりとね!

[画像のクリックで拡大表示]

 トコのGALAXY Sは、本体下部にマイクがあるので、できるだけ他の音を拾わないように、こんな感じでしゃべります。

 すると、しゃべった言葉を探してくれるのがこの画面。「処理中」と出てますね。

[画像のクリックで拡大表示]

 実は、「日経パソコンオンライン」としゃべったのですが、あっという間にこの画面が表示されました。

[画像のクリックで拡大表示]

 ほら、ちゃんと、日経パソコンオンラインって分かっているでしょ。Androidちゃん、えらいっ!!

 一度で出なくても、なんどか言い直していたら、コツが分かりますよ。

 人ごみの交差点で、待ち合わせの居酒屋の場所が分からず、信号待ちで店名をAndroidに向かってしゃべった時には、

「この人、大丈夫ぶかよ? 1人でなんかしゃべってるし」

 とちょっと周りの人がビビってました。

 あはは。

 みんながしゃべって検索し始めたら、普通の光景になるわよね。

タントーヨシダ:
余談ですが、日経パソコンオンラインは、雑誌「日経パソコン」のWebサイトで、購読者向けの情報を提供しているところです。PC OnlineはPC Onlineなんです。これが。まあ、ネットで検索するときは「日経パソコンオンライン」でもPC Onlineが表示されますけどね。