PR

 インターネット上で公開されている国内外のさまざまなフリーソフト。無料で誰でも手軽に使えるのが魅力です。日々進化(バージョンアップ)しており、「これで無料!?」と驚くほどのソフトまであります。

 4月23日発売の日経PC21 6月号では、そんなフリーソフトの秀作ばかり13ジャンル全50本選り抜きました! パソコン高速化から、ウィンドウズの操作性向上、パスワード忘れ対策まで多士済々。いずれも7、ビスタ、XP共通で使えるものばかりです。

 ここでは、その中の1パート「IE改良編」をお届けします。ほかのソフトにもご興味のある方は、ぜひ「日経PC21 6月号」を書店やコンビニでご購入ください。

 インターネット・エクスプローラー(IE)の「お気に入り」は、よく見るウェブサイトのリンクを登録しておける場所だ。しかし、どんどんリンクをためていくと、中にはリンク先のサイトが消えていたり、同じサイトを何度も登録してしまうことがある。

 また、登録してあるリンクの中には人に見られたくない、サイトもあるだろう。

 そんなときこそ、フリーソフトの出番。リンク切れや重複リンクを見つけ出して削除したり、内緒のリンクをこっそり隠したりできる(図1)。

図1 「お気に入り」に登録したウェブサイトを開こうとすると、時にリンク切れしていることがある。また、家族や友人に見られたくないリンクは隠しておきたい
図1 「お気に入り」に登録したウェブサイトを開こうとすると、時にリンク切れしていることがある。また、家族や友人に見られたくないリンクは隠しておきたい
[画像のクリックで拡大表示]

リンク切れはまとめて削除、重複リンクも瞬時に発見

 まずはリンク切れや重複リンクを瞬時に見つけられる「AMデッドリンク」だ(図2、図3)。海外のソフトだが、日本語で表示できるので心配は要らない(図4)。

 リンク切れを探すには「チェック」ボタンをクリック。すると、「お気に入り」に登録されているすべてのリンクが、現在も接続できるかを自動で確認してくれる。

 開けないページがあった場合には、一覧の「エラー」欄に「404」、「状態」欄に「ファイルが見つかりません」などのメッセージが表示される。問題がないリンク先は黒字のままで、リンクが切れているものは赤字で表示。また、別のサイトに自動転送されたリンクは青字で色分けされるので、ひと目でエラーを見分けられる(図5)。

 エラーがあるリンクはまとめて削除しよう。すると、ブラウザーの「お気に入り」欄に自動で反映される[注]。

 重複しているリンクは、「同じブックマークを探す」ボタンを押せば一覧で表示される。不要なリンクはリンク切れのサイトと同様に、削除すればよい(図6)。

図2 「お気に入り」のリンクでウェブサイトが開けるかを1つずつチェックするのは面倒だ。リンク切れはフリーソフトで一気に見つけ出そう
図2 「お気に入り」のリンクでウェブサイトが開けるかを1つずつチェックするのは面倒だ。リンク切れはフリーソフトで一気に見つけ出そう
[画像のクリックで拡大表示]

図3 サイトで「Download」をクリック。ダウンロードしたファイルをダブルクリックしてインストールする
図3 サイトで「Download」をクリック。ダウンロードしたファイルをダブルクリックしてインストールする
[画像のクリックで拡大表示]

図4 「スタート」メニューからソフトを起動する。表示言語を聞かれるので、「japanese」を選んで日本語化する
図4 「スタート」メニューからソフトを起動する。表示言語を聞かれるので、「japanese」を選んで日本語化する
[画像のクリックで拡大表示]

図5 メーンの画面で「チェック」ボタンを押すと、リンク切れのサイトが赤く表示される(1)(2)。リンクを選ぶと画面の下側にウェブサイトが表示される。不要なリンクは「Ctrl」キーを押しながらマウスでクリックしてすべて選択し(3)、「削除」ボタンで一気に削除する(4)
図5 メーンの画面で「チェック」ボタンを押すと、リンク切れのサイトが赤く表示される(1)(2)。リンクを選ぶと画面の下側にウェブサイトが表示される。不要なリンクは「Ctrl」キーを押しながらマウスでクリックしてすべて選択し(3)、「削除」ボタンで一気に削除する(4)
[画像のクリックで拡大表示]

【重複して登録されたサイトもすぐ見つかる】
図6 「同じブックマークを探す」ボタンを押すと、重複して登録されたサイトが一覧で表示される(1)。重複しているリンクを選択して削除すればよい(2)(3)
図6 「同じブックマークを探す」ボタンを押すと、重複して登録されたサイトが一覧で表示される(1)。重複しているリンクを選択して削除すればよい(2)(3)
[画像のクリックで拡大表示]

[注] このソフトは、IEのほかに、「ファイアーフォックス」「グーグルクローム」「オペラ」にも対応する。複数のブラウザーを導入している場合には、「チェック」ボタンの左側にあるメニューでブラウザーを選択すればよい