PR

 以前から何度も書いているが、僕はMacとWindowsを併用している。もちろん、仕事で検証するために両方使う必要があるのだが、実はそれだけではない。自分自身の仕事にも、ソフトによって最適な方を使い分けているのだ。例えば、プレゼンの内容によってはPowerPointよりKeynoteの方が向いていると考えてMacを利用するケースが少なくない。

 さて、こんな使い分けが最近とても便利になってきた。クラウド系のサービスが充実してきたので、もはやデータのやりとりを考える必要がないのだ。

 これまではWindowsで企画書のたたき台を作ってMacで仕上げようと思ったら、ネットワーク経由でファイルを転送するといった作業が必要だった。ところが、クラウド系のサービスならそんな手間は不要。代表選手たるEvernoteなら、もはやファイルを意識する必要すらない。起動すれば勝手に同期され、若干のタイムラグがある程度でデバイスに関係なく常に最新のノートが表示されるのだ。

 ということで、基本的にはMacとかWindows、さらにはiPhoneなどでもファイルを意識する必要はなく、いつでも使いたい機器でノートを作ればよい。

 とはいうものの、アプリの使い勝手には実はずいぶんと差がある。機能が異なるスマートフォンはさておくとしても、MacとWindowsを比較してもかなり違うのだ。僕が見た限りでは、Evernoteに関しては、常にMacが機能を先行しているとしか思えないのだ。

 この連載を執筆している時点の最新バージョンでも、Macでは録音機能が追加されているのだが、Windows版はまだ。メニューなどのレイアウトや設計もMacの方が優れているように感じられる。開発陣がMac志向な気がして仕方がないのだ。

 さて、少々余談になってしまったが、今回は最新のEvernoteを使いこなすのがテーマだ。Windows版との違いにも言及していく。

Evernoteは、Mac App Storeからインストールできる。アップデートもここから行える。
Evernoteは、Mac App Storeからインストールできる。アップデートもここから行える。
[画像のクリックで拡大表示]

アップデートも他のアプリと一緒にまとめて簡単に行えるのがいいところ。
アップデートも他のアプリと一緒にまとめて簡単に行えるのがいいところ。
[画像のクリックで拡大表示]