PR

 スマートフォンが生活の基盤になりつつある韓国では、スマートフォンから利用できる高速モバイルネットワークである4Gへの関心が何よりも高まっている。

 TwitterやFacebook、人気のアプリケーションも、ネットワークにつながっていないと使い物にならないため、通信キャリアのCMも、端末の機能より、Wi-Fiスポットを他社よりたくさん持っている、モバイルインターネット使い放題料金が安いといった「ネットワークにより安く、速く、つながりやすい」ことを強調する内容になっている。

 最大手のKTは、「4Gで一足先に行く」をテーマにしたCMを流していて、6月からWibro(韓国のモバイルWiMAX)基盤の4GスマートフォンとタブレットPCを発売する。SKテレコムは7月、LGU+は10月よりW-CDMAより下りが5倍ほど速いLTEで4Gサービスを始めるとしている。

KTの4Gサービス広告
KTの4Gサービス広告
[画像のクリックで拡大表示]

 KTが4Gとして発売するのは、Wibro+Wi-Fi+W-CDMAの3種類のネットワークに対応した台湾HTCのスマートフォンとタブレットPC。KTは既に3月からWibroが使えるサムスンのGalaxy Tabを発売していて、Wi-Fiより速い4Gが使えると宣伝してきた。また幼児向け教育ロボット、クラウドコンピューティング、モバイル端末で操作できる遠隔業務処理など、4Gネットワークを使った応用サービスも次々に発表している。

 KTは韓国最南端の島でレジャー・観光の名所であるチェジュ道と提携し、「チェジュ・モバイルワンダーランド」構想にも参加している。海、山、滝といった観光スポットはもちろん、バス、タクシー、レンタカーにも4Gネットワークを張り巡らせ、6月までは誰でも無料で移動しながらも高速モバイルネットワークを体験できるようにしている。またKTと自治体が協力してチェジュ道に「スマートワーキングセンター」という拠点を作り、公務員が自分のオフィスにいなくてもこの拠点を訪問して遠隔で仕事ができるようにしている。

 「チェジュ=観光」という単純なイメージを脱皮するため、自治体の積極的な支援のもとで、2009年から大規模なスマートグリッド実証実験を行っている。ここにKTのWibroを追加して、電力使用もWibroで管理し、エネルギー使用パターンを分析して効率よく電力を使えるようにしてくれる「スマートホームエネルギーサービス」も始める。チェジュは過ごしやすい自然環境と、最先端のグリーンITビジネス環境の両方を取りそろえた島であることをアピールしようというのが「モバイルワンダーランド」構想の目的である。

 KTと同じくiPhoneを販売するSKテレコムも4Gを強調したCMを流し、一方、スマートフォンに出遅れ存在感が薄いLGU+は、LTEでどのキャリアよりも速度の速いネットワークを提供すると強調する。