PR

 iPhoneやiPadで培った「一般ユーザーにとっての使いやすさ」をMacにもフィードバックした、という次期Mac OS X、「Lion(ライオン)」の登場が目前だ。要するに、パソコンを使いこなすために時間を費やしたくないといった、ごく普通のユーザーでも戸惑わずに操作できるように使い勝手を磨き上げたのがLionだという。

スクロールの方向が逆!

 Lionに盛り込まれた新機能は250を超えると言い、アップルのホームページにその詳細が掲載されている。これを見るだけでも、楽しい(図1)。

図1 アップルのホームページにはLionの新機能やアップグレードの方法など詳しい情報がたくさん出てきている。今のうちにチェックしておこう。
図1 アップルのホームページにはLionの新機能やアップグレードの方法など詳しい情報がたくさん出てきている。今のうちにチェックしておこう。
[画像のクリックで拡大表示]

 新機能はたくさんあるが、Lionを使い始めて真っ先に驚くのは、マウスのスクロール方向が逆になった、というところではないだろうか? スクロールホイールが付いたマウスや、表面を撫でて使う「Magic Mouse」、あるいはトラックパッドで下方向に滑らせると、これまでは画面内の文書が上にスクロールして行っていたものが今度は下向きに動くようになった。例えば、Webページなど、何ページにもわたる文書を下方向に見て行こうとすると、スクロールホイールやトラックパッドを下向きに動かすのが常識だった。

 その方向が逆になったのだから、最初はあれ?っと戸惑うはずだ。なぜそんなことを、と不思議に思う。しかし、アップルの開発者たちは何の予備知識もない人間の行動様式を先入観なしに考えてみたら、この方が自然だと結論づけた。