PR


 MacではBlu-ray Disc(BD)ドライブが搭載されておらず、購入ないしはレンタルしてきたBDタイトルを楽しむわけにはいかない。世間にはUSB接続の安価なBDドライブも売られており、それらをつなげば使えるのではないかと思えるのだが、Mac用の再生ソフトが無かった。仕方がないので、Windows環境を構築してからその上でWindows向け再生ソフトを走らせれば何とかなる方法もある、と2011年6月29日の記事で紹介した。記事公開直後、Macで動くBlu-rayソフト、「Mac Blu-ray Player」が登場、特別な工夫をしなくてもBlu-rayタイトルが再生できるようになった。ただし、まだ完璧とは言えないのがもどかしいところだが、とにかく、環境はかなり好転した。

市販のBlu-rayタイトル、すんなり再生

 6月29日の記事は「Win用Blu-rayドライブをMacでも使っちゃえ」。この時点では、MacでBDタイトルを再生するには、Boot Campで「Macをwindowsとして」起動し、その上でWindows用のBDプレーヤーを動かしてやる必要があった。Boot Campを使うというソリューションもありだとは思うが、しかし、通常使っているMac環境が使えなくなってしまうのはとても不便。映画を見ながらちょっと気になったところをメモしたり、Webで調べたり、と、できればMacをMacとして使いながら観賞したいのだ。

 そんな時に登場したのが「Mac ブルーレイプレーヤー」。ホームページはここ。最近日本語化されて、なかなか分かりやすくなっている。アプリも日本語化されて、日本語商品名になった(図1)。

図1 サイトも日本語化され、分かりやすくなった。現在の最新版は1.5.1だ。
図1 サイトも日本語化され、分かりやすくなった。現在の最新版は1.5.1だ。
[画像のクリックで拡大表示]