PR

iPodやiPhone、Androidで聴く音楽は…

 音楽好きの筆者、以前は外出時にはiPodを必ず持ち歩き、時間があればヘッドフォンでお気に入りの音楽を聴いたものだ。iPhone、Androidなどのスマートフォンを持つようになってからは、スマートフォン内のメモリーに音楽を同期して、外出時に音楽を聴くようになっている。

図1 筆者所有のiPodやスマートフォン。これらをモバイルして外出時に音楽を楽しむのだ
図1 筆者所有のiPodやスマートフォン。これらをモバイルして外出時に音楽を楽しむのだ
[画像のクリックで拡大表示]

 近頃のポータブル音楽プレーヤーやスマートフォンは、けっこう出来がよく、コンパクトな筐(きょう)体にもかかわらず、ひと昔前のカセットやMD、出始めの頃のiPodとかの音楽プレーヤーに比べてダンチでイイ音がする。特に、スマートフォンは、音声通話をすることも想定されているせいか、人の声(つまり音楽でいえばヴォーカル)がとても聴き取りやすくできていて、音楽もそれなりにいい感じ。

 とはいえ、しごくコンパクトなうえ基本的に電池駆動であるモバイルデバイス、「音」に関する装置や基板の大きさも限られているし、電池を保たせるためできる限りの省電力を心がける設計となるなど、割けるリソースに限界があるゆえ、音に芯がなく迫力に欠けてしまうのは、当然ともいえるだろう。

 そういったハードの貧弱さを補ってよりイイ音で聴くためには、どうすればいいのか。誰しもいちばん最初に思いつく手段は、ヘッドフォンをイイモノに替えることである。そのあたり、付属のものを自分の好きな音質やデザインのものにリプレイスするといい。オススメは5000円以上、願わくば1万円ぐらい出せば音がぐっと高級になること請け合いだ。ただし、いいヘッドフォンでは、かえってモバイルプレーヤーの音の貧弱さが目立ってしまったりもして…。

 あと、音を良くするためには、入れる音楽ファイルのビットレートを上げたり、WavやAppleロスレスなどの非圧縮音源にしたりする、という手もある。でも、ポータブルプレーヤーやスマートフォンは、やはりメモリー量も限られているので、それはなるべくなら避けたい話。

 で、最後に筆者がオススメする提案は、ポータブルヘッドフォンアンプを付ける、というもの。これはわりと流行っているので、知っている人も多いかもしれない。