PR

 IFA2011は家電の展示会として主に家電メーカーが参加してスマート家電や3DTV、タブレットPC、スマートフォンを展示した。韓国からは通信事業者のKTも展示に参加した。KTがIFAに参加するのはこれが初めてである。

 KTの目玉は「スパイダーフォン」。発売日は未定である。スパイダーフォンは、「Pad kit」、「Laptop kit」、「Game kit」というアクセサリーキットを端末につなげることで、スマートフォンがタブレットPCに変身したり、ノートPCに変身したり、ゲーム機に変身するといったものである。

 米モトローラからもノートパソコンの合体する「アトリックス」というスマートフォンが発売されている。ただ、アクセサリーの価格が高くてノートパソコンを買った方が安いのが難点である。アトリックスは韓国でもKTから発売されているが、スマートフォンの端末価格は約7万円、ノートパソコン型のドッキングアクセサリーは約3万5000円もするのだ。サムスンのスマートフォンを買って、安いネットブックを買った方がもっと使いやすく安上がりである。

 スパイダーフォンとノートパソコンの形をしたLaptop kitを合体させると、スマートフォンのCPUとメモリーがLaptop kitを動かしノートパソコンを使うかのように作業ができる。スパイダーフォンをPad kitの後ろに入れると、10.1型のタッチ式画面が使えるようになりタブレットPCに早変わりということである。KTのクラウドサービスにも簡単につながるので、仮想オフィス、仮想デスクトップ機能も利用できる。

初めてIFAに参加した通信キャリアのKTの目玉は「スパイダーフォン」。アクセサリーキットとドッキングしてノートパソコンとしてもタブレットPCとしても使える。女性が右腕で持ち上げるノートパソコンの手前、左腕奥のタブレットの裏側、手前のゲームコントローラーの前面にスライドして挿し込む
初めてIFAに参加した通信キャリアのKTの目玉は「スパイダーフォン」。アクセサリーキットとドッキングしてノートパソコンとしてもタブレットPCとしても使える。女性が右腕で持ち上げるノートパソコンの手前、左腕奥のタブレットの裏側、手前のゲームコントローラーの前面にスライドして挿し込む
[画像のクリックで拡大表示]

 スパイダーフォンのCPUは、米クアルコム1.5GHzデュアルコア、OSはAndroid 2.3。4.5型の画面(WXGA)に800万画素と300万画素のカメラを備える。バッテリーの容量は1710 mAh、重さは141 gである。製造はKTの子会社であるKTテックである。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料