PR

 みなさん、モバイルしていますか? 先日の記事「iPhoneのバッテリーがもたないとお嘆きの方へ(第237回)」)で、iPhone 4をiOS 5にバージョンアップらバッテリー消費が早くなったという事象を紹介しました。この問題に関しては、やはりOSの問題だったようで、バッテリー消費の問題を改善をする「iOS 5.0.1 ソフトウェア・アップデート」がリリースされました。

 今回のアップデートに関しては、以下の内容になっています。

  • バッテリーの連続駆動時間に関する問題を修正
  • iPad(第1世代)のマルチタスキングジェスチャーを追加
  • “Documents in the Cloud”機能に関する問題を修正
  • オーストラリア英語による音声入力時の認識精度が向上

 さらに今回注目なのが、iOS 5以降はOSアップデートが本体だけ実施できることです。今までは、パソコンに接続して、iTunes経由でアップデートする必要ことが必須でした。パソコンに頻繁に接続しているユーザーであればそんなに手間ではないのですが、ほとんどパソコン接続せずにiPhoneを使っているユーザーには手間がかかりました。さらに言えば、iTunesに接続しないとアップデートがリリースされていることに気が付かないという問題もありました。

 iPhone単体でどのようにアップデートできるのか試してみましたので、ご紹介します。(なお、iPhone 4のSIMフリー版にてアップデートを行っていますので、国内版と動作が違う場合があります。ご了承ください)。

図1 iPhone 4の「設定」→「一般」の「ソフトウェア・アップデート」を選択します
図1 iPhone 4の「設定」→「一般」の「ソフトウェア・アップデート」を選択します
[画像のクリックで拡大表示]
図2 iOS 5.0.1が公開されていることが通知されていました。容量は、44.6MBと表示されていました。「アップデート」を選択します
図2 iOS 5.0.1が公開されていることが通知されていました。容量は、44.6MBと表示されていました。「アップデート」を選択します
[画像のクリックで拡大表示]

図3 「利用条件」に同意します
図3 「利用条件」に同意します
[画像のクリックで拡大表示]
図4 ACアダプターをつなぐことを推奨されます
図4 ACアダプターをつなぐことを推奨されます
[画像のクリックで拡大表示]

図5 アップデートのダウンロードが開始されました。ダウンロードは無線LAN環境で約3分、その後のインストールが約5分ほどでした
図5 アップデートのダウンロードが開始されました。ダウンロードは無線LAN環境で約3分、その後のインストールが約5分ほどでした
[画像のクリックで拡大表示]
図6 アップデートは終了しました。「設定」→「一般」の「ソフトウェア・アップデート」を再度参照すると、「お使いのソフトウェアは最新です」と表示されました
図6 アップデートは終了しました。「設定」→「一般」の「ソフトウェア・アップデート」を再度参照すると、「お使いのソフトウェアは最新です」と表示されました
[画像のクリックで拡大表示]

 アップデートは、非常に簡単に実施することができました。iTunesでアップデートする際には、バックアップが必ず行われるため、もう少し時間がかかると思われます。端末のみでアップデートできるのは手軽なため、今後、いろいろなスマートフォンで採用されると利便性が上がると思われます。アップデートによるバッテリー消費の改善に関しては、今後、端末を使用しながら、試してみたいと思います。