PR


 Mac OS X の最新版、10.7(Lion)滑らかに動いていますか? 旧10.6(Snow Leopard)からはたったの2600円でアップグレードできるし、2011年7月以降に購入したMacには最初からLionが入っているか、無償アップデートプログラムでLionになってしまうという仕掛けで、比較的新しい機材を使っているユーザーはほとんど全部が新しいLionで、iCloud連携などを楽しんでおられることだろう。ところが、まだ、難関が我が家を襲ってきた。

我が家には古いMacも健在

 妻がキッチンサイドに置いて使っているMacは、懐かしいPowerBook G4 12"。CPUは今は亡きPowerPC G4、スピードは867MHz、内蔵メモリーは1.2GBという、なんともレトロなマシンなのだ。走っているOSは10.5.8。

 メールを読んでちょこっと返信したり、Webでコーヒー豆を注文したり、ケータイでは細かな指定がしにくい乗り換え情報をチェックする、という程度の利用法だからこれで十分、と頑固に使い続けてきたものだ。メールアドレスは私が契約したMobileMeアカウントの家族会員として取得したもの。日常的な日程管理はMac標準のカレンダー機能iCalをMobileMeアカウントを使って互いに同期させて、便利に使っていた。

 土日に入った会合のスケジュールなどは、このiCalを頼りに、互いのスケジュールを確認し合う。夕食の準備とか、親戚の家に挨拶に行く、なんて行事、あるいは家族の年中行事、例えば誕生日や結婚記念日など、も全部ここに入っているから、来月はちょっとした小旅行にでも行こうか、なんて話がスムーズに自然発生する。

 ところが、ある日、私のMacがLionになり、個人情報共有の仕組みがiCloudに移行してしまったから大変なことが起った。