PR

自分の住む場所の「空間放射線量」が気になる…

 東日本大震災での原発事故以来、各地の放射線量が云々言われている。自分の住む地域の状況は誰しも気になるわけで、そんなときは、ポータルサイトなどが提供している全国的な放射線量マップや、みんなの測定結果を共有する「みんなでつくる放射線量マップ」などのWebサイト、各自治体のWebページの数値が参考になる。ただ、やはり、自分の家の周りやよく行く場所といった身近で具体的な場所の様子は、実際に測って確かめてみたいもの。

図1 有志が測った放射線量の測定結果を共有している「みんなでつくる放射線量マップ」の画面
図1 有志が測った放射線量の測定結果を共有している「みんなでつくる放射線量マップ」の画面
[画像のクリックで拡大表示]

 とはいえ、放射線量を測る「ガイガーカウンター」というのはおおむね高価なシロモノ。まあ、みっちり正確に測れるに越したことはないが、コスパよく、しかもそこそこ目安になるような感じに放射線量が測れる手段はないものか、と思っていたときに、ダンナから耳寄りな情報が。それは、iPhoneのヘッドフォン/マイク端子にちょっとした機械を接続して、放射線量が測れる「ポケットガイガーKIT」というもの。宮城県石巻市で、有志によって作られているのだそうだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料