PR

 みなさん、モバイルしていますか? スマートフォンは、アプリを追加することで、自分の目的に合った、いろいろな用途で使えるモバイルデバイスです。音楽、映画鑑賞などのエンタメから、オフィス文書の編集などのビジネスにまで、幅広く活用できます。

 その用途の中でも、毎日使うことで、健康増進に役立つアプリとして、ジョギング用アプリがあります。ジョギング用アプリは、スマートフォンのGPS機能を利用して、走った距離や時間や地図などをアプリ上に表示します。さらにインターネットを介して他の人と共有することもできます。三日坊主になりがちなジョギングですが、スマートフォンアプリを活用して、走行データを共有することで、毎日のジョギングに励みになります。

 今回は、私が愛用している「RunKeeper」というアプリを紹介します。RunKeeperは、ランニングのSNSで、無料で利用できます。スマートフォン向けアプリは、iPhone用Android用Windows Phone用が用意されています。走行距離などのデータは「パソコン用Webサイト」で走行データを閲覧することもできます。

 今回は、AndroidスマートフォンのGALAXY NEXUSにて試した画面を紹介します。