PR

 米国時間の1月19日、アップルは米ニューヨークで電子教科書の流通・販売への取り組み、電子教科書にも使える電子ブック作成のためのアプリ「iBooks Author」(無償)などを発表した。発表が教育機関向けというスタンスだったため、一般のデジタルコミュニティに対するインパクトが少なかったように見えるが、社会に与える影響力を考えると、その内容はとても重要な萌芽を含んでいる。特に、iPad向けに最適化されたインタラクティブな電子本を、ほとんどドラッグ・アンド・ドロップだけで作れるiBooks Authorはこれまでやりたくてもできなかった領域に「誰をも連れ出してくれる」という意味で見逃せない。

すごい仕掛けが、誰にでも使える

 iPad上でタッチして読み進められる電子教科書では、写真やテキスト、動画、3D画像など、情報を伝えるためにさまざまな形式の素材を活用することができる。

 どんな本(教科書)ができるのか、とにかく、サンプルをiTunes Storeからダウンロードして、iPadで見てみるのをお薦めする。百聞は一見にしかずだ。WebブラウザーでこのURLから[iTunesで見る]ボタンをクリックすると、ダウンロードページにたどり着く。ここで[無料ブック]をクリックしてiTunesに登録、さらにiPadに転送する(このページに[サンプルを入手]のボタンがあるが、このボタンはなぜか、うまく動作しなかった)。(図1、図2)

図1 Webブラウザーで電子教科書のサンプルをダウンロードしよう。
図1 Webブラウザーで電子教科書のサンプルをダウンロードしよう。
[画像のクリックで拡大表示]

図2 iTunes Storeで開き、ダウンロード。このサンプルは無償で入手できる。
図2 iTunes Storeで開き、ダウンロード。このサンプルは無償で入手できる。
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い