PR

松本駅前に未だかつてない大型書店が進出…

 地方都市によくある常で、日頃の買い物は自動車で郊外店に出かけてすませる場合がほとんど。そうなるとたいてい、JRの駅前とか旧商店街がさびれて、空き店舗が増えていく。で、その「さびれた感」がさらに人々の足を遠のかせて、さらに寂しくなって、みたいな。郊外の大型店やショッピングモールの駐車場には停められないほど車があふれているのに、である。

 昔、商店街が今よりずっと賑やかだった頃、ぶらっと街に出かけると必ず寄るのが書店だった。市内の書店や古書店を回って、興味のある本や雑誌、掘り出し物の古書とかを見つけるのが何よりの楽しみ。買わなくてもぶらぶらと見るだけで十分楽しい。でもまあ、ここ数年、昔からの書店はずいぶんと閉店してしまい、今も営業している店舗はほんの片手に数えるほど。

 いっぽう車を走らせてわりと豊富にある郊外型の書店に足を運んでみても、ビデオレンタルとか文房具とか、そういったほかの店舗と合体していて、書籍売り場は限られているし、どこの書店も同じような書籍ばかり。もちろん店舗形態や客層からも、売れるものを置くのは当たり前ではあるが、そんな感じで、郊外店舗中心の地方都市では欲しい書物はなかなか手に入らない。ネットが盛んになってからは、筆者はたいていAmazonとかの通販で書籍を取り寄せている。まあ、市内の書店(徒歩で行ける街の中の書店&車で回れる郊外店)を探し回る手間を考えれば、通販がいちばん効率的。さんざん探し回った挙げ句に、目的の書物は手に入らず徒労に終わることがほとんどだし。

 小さい頃から書籍に親しんできて、しかも書籍を友だちに生きてきた。通販でどこにも出かけずしかも翌日か翌々日ぐらいに欲しい書物が届くのは、それはそれでうれしいけれど、やはり書店で所狭しと並ぶ本を眺めたり、興味のあるものを手に取ってパラパラ見たりなど、現物の書籍がそこにあって、手に取って眺められる喜びは、本好きには特に捨てがたい。

 話は戻って、松本駅前。大きな合同店舗が撤退してしばらく空いていた大きな建物、そこになんと、大型書店、しかもあの「丸善」が来るという噂があり、昨年末、ついに「MARUZEN 松本店」がオープン(地域ニュースサイト「松本経済新聞」の記事にもなった)。

図1 「MARUZEN 松本店」のオープンを報じる、地域ニュースサイト「松本経済新聞」の記事
図1 「MARUZEN 松本店」のオープンを報じる、地域ニュースサイト「松本経済新聞」の記事
[画像のクリックで拡大表示]

 記事によれば、「1階・2階と地下1階の3フロア構成で、店舗面積は約1050坪。蔵書数は100万冊」。これは松本にかつてない規模。今まで松本にある書店の最大規模といえば、お城の近く、大名町に「鶴林堂」という細長いビルまるごとの書店があってみんなよく通ったモンだが、駅前にできた丸善は、最盛期の鶴林堂の3倍~5倍ぐらいはゆうにありそう。まあ、丸の内の丸善や神保町の三省堂書店には及ばないものの、東京の大型書店がそのまま地方都市に移動して来た、みたいな感じで。