PR

 今、なにかと話題のUltrabook。そこで、いつもの池袋の家電量販店にレッツゴー。

 Ultrabookの前はネットブックといって、画面の大きさがはがき大のパソコンが流行った。俺もNECのネットブックを買ったのだが、OSがUbuntuというなかなかマニアックなモノで、最後まで使いこなせなかった。また処理速度が遅く、ネットにつないでもなかなか画面が表示されず、諦めたことが何度あったか。でも値段が3万円前後なので「まあ、この安さならしょうがない」とパタンと閉じて、今は押入れの奥深くに仕舞われている。

 よく地方の落語会で「交通費込みで5万円しか払えないけどテレビに出ている人呼べるかな?」と無茶な注文が来るときがある。「そんな人、呼べないよ。そんな安い値段で呼べるのは二つ目さんくらいだよ」といって紹介すると、「あんまり面白くなかったよ。やっぱり笑点メンバーじゃないと。座布団運びの山田君なら呼べるだろう」。……山田さんだって来ないよ。なぜ「まあ、この安さならじょうがない」と達観できないのかな?

 すいません、つい話が横道に過ぎました。パソコン売り場に行って驚いたのだが「Ultrabookコーナー」があるではないか。そこで一押しなのが、dynabookの極薄版。アルミ板1枚の頑丈ボディーに大画面、キータッチもしっかりとしたキーボードも付いて薄い。その上、即戦力のMicrosoft Office付。この機種は出たばかりのころ、俺も感動して店頭で何度か触ったり持ち上げたりしてたが、スマホに心奪われていたときだったので、買おうだなんてこれっぽちも思わなかった。

 俺の心がぐいぐいと引っ張られる。ただ気になるのは、結構大画面なのでリュックに入れたとき邪魔になるのではないかという点。俺のリュックは着物に雪駄が必ず入るのでスペースがほとんどないのだ。それじゃあ他にはどんな機種があるかなと目を向けると、コンパクトサイズでキラキラ輝くシルバーのお姿。初めて見る機種だ。

 なにかと思い手に取ると軽い。そして薄い。おお、これはなんだと値札を見ると「ZENBOOK」というノートパソコンである。もう一回り大きな機種もあるのだがこの11型の画面がリュックに入れるにはちょうどよい。スペックもなかなか充実しているし画面もきれい。キータッチも浅いがカチッと的確に響いてくる。問題はOfficeが入ってないことと、記憶容量が少ないことくらいだ。

 店員さんに聞くと「こちらお勧めですが、2月3日から3月3日まで新しいさくらピンクのバージョンが出ます。こちらを買っていただくと日本では手にはいらない500GBの外付けHDDが付いてきます」と教えてくれた。

 「一度帰ってからゆっくり判断します」と言って自宅に帰り、2つの機種をネットで比べてみると色々な不満が載っている。こうなると俺は一気に不安になってしまう。

 だけど自分の目と耳で調べなくちゃいけないと思うんだ。落語会の感想も大勢の人がブログに載せている。食べログの事件じゃないけど、ある落語家さんがたまたまその日の出来が悪かったのか、その人の好みに合わなかったのか、ブログで酷評されてりする。するとネットで見た人が「そうか、つまらないんだ」と判断して、まだ直接聞いたことがないのに、その人の落語会に知り合いが行こうとすると「つまらないみたいだからやめたら」なんで大きなお世話なアドバイスしたりする。だからみんな、絶対自分の目と耳で落語家さんを確かめてみよう。そうだ、俺は2月11日から上野鈴本演芸場で夜席でトリを取るからみんな見に来てよ。白鳥が本当に面白いかつまらないかはあなた次第です。