PR

 ExcelやWordでビジネス文書を作っていると「もうちょっと見栄えを整えようかな?」と思うことがあります。そんなときに、フォントを変更すると有効です。しかし、なかなか、フォントを選ぶのは大変な作業です。そこで、フォントの見本帳が活躍します。今回は、Excelを利用して、フォントの見本帳を自動生成するプログラムを作ります。

フォントの見本帳を作成します。テキストはもちろん変えられます
フォントの見本帳を作成します。テキストはもちろん変えられます
[画像のクリックで拡大表示]

Excelでフォントの見本帳を作成するプログラム

 以下のプログラムをコピーして、テキストエディターに貼り付けます。そして「font-list-excel.jse」という名前で保存します。テキストを保存するときには、Unicode形式で保存します。できたJSEファイルをダブルクリックすると、Excelが起動して、フォントの見本帳を自動作成します(こちらからダウンロードすることもできます)。

//----------------------------------------------------------// Excelのシートにフォントの見本帳を作る//----------------------------------------------------------// 見本用のテキストvar mihon_text = "www.example.com:80";var mihon_size = 32;//----------------------------------------------------------// Excelの起動var excel = new ActiveXObject("Excel.Application");excel.Visible = true;var book = excel.Workbooks.Add();var sheet = book.ActiveSheet;// フォントの一覧を得るvar f = excel.CommandBars("Formatting").Controls(1);sheet.Cells(1, 1).ColumnWidth = 40;   // 列の幅を指定するsheet.Cells(1, 2).ColumnWidth = 100;for (var i = 1; i <= f.ListCount; i++) {  var font_name = f.List(i); // フォント名を得る  try {    sheet.Cells(i, 1).HorizontalAlignment = -4152;    sheet.Cells(i, 1).Value = font_name;    sheet.Cells(i, 2).Value = mihon_text;    sheet.Cells(i, 2).Font.Name = font_name;    sheet.Cells(i, 2).Font.Size = mihon_size;  } catch (e) { }}//----------------------------------------------------------

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料