PR

 2012年2月に発表された2011年度の決算によると、携帯電話最大加入者数を誇るSKテレコムは、前年比売上は2.2%伸びたものの、営業益は6.3%減少、純利益は10.4%減少した。ARPU(average revenue per user、1契約当たりの平均収入)も3万3175ウォン(約2430円)と、2010年の3万4491ウォン(2530円)に比べ4%ほど減少している。

 利益が減少したのは、トラフィック増加によるインフラ投資、次世代通信であるLTEの全国サービスに向けて設備投資が増えたという影響がある。ただ、それよりも通信キャリアが恐れているのは、無料でチャットができるメッセンジャーアプリだという。

 キャリアの基本収入である音声通話、SMS(ショートメッセージサービス)の売り上げが減っているのは、ユーザーが音声通話の代わりに無料モバイルチャットで用事を済ませてしまうからだ。SMSの売り上げは主要キャリア(SKテレコム、KT、LG+)3社合わせて年間1兆5000億ウォン規模(約1100億円)にのぼる。スマートフォンが普及すればするほど、無料メッセンジャーアプリを使うユーザーが確実に増えると予測されているため、キャリアの音声通話とSMSの料金見直しは選択の余地がないだろう。

 無料メッセンジャーアプリの代表格であるカカオトークは3200万ダウンロードを突破、1日に10億件ものメッセージが送信されている。やはりメッセンジャーアプリでポータルサイトDaumが提供する「マイピープル」、ほか「ティックトック」といったアプリもそれぞれ1000万ダウンロードを突破した。ティックトックの場合、2011年7月にサービスを開始して5カ月で1000万ダウンロードを記録し、カカオトークよりも早いスピードでユーザーを集めている。これだけユーザーが多いというのは、韓国のスマートフォンユーザーは、カカオトークを定番として、他のメッセンジャーアプリも合わせて使っているということになる。

 マイピープルはDeNAの「Mobage(モバゲー)」と提携し、2012年2月から「Daum Mobage」という名前で韓国語サービスを始めた。Mobageとマイピープルを連動させてユーザー同士でのチャットや音声通話もできるようにする。

Daum Mobageの画面。2012年2月23日「Daum Mobage」サービスが開始。無料メッセンジャーアプリの競争が激化している中、Daumのメッセンジャーアプリ「マイピープル」とMobageを連動させたサービスに期待が集まる
Daum Mobageの画面。2012年2月23日「Daum Mobage」サービスが開始。無料メッセンジャーアプリの競争が激化している中、Daumのメッセンジャーアプリ「マイピープル」とMobageを連動させたサービスに期待が集まる
[画像のクリックで拡大表示]

 韓国ではまだ音声通話アプリよりも、電話番号がIDとなるチャットのようなメッセンジャーアプリが一般的である。相手の電話番号さえ知っていれば、お互いが加入するキャリアに関係なくメッセージを送信できる。例えばドコモのユーザーがauのユーザーへ、電話番号をアドレスにして携帯電話からメッセージを送信できるようなものである。