PR

 シリーズ「紙の整理術」第21回は、時間軸と専用付箋の連動で日々のTo Doを管理する、「テンミニッツ」(カンミ堂)を使った仕事整理術についてです。To Doを手帳やノートに書き出したり、付箋に書いてパソコンのフレームに貼ったりしても、思うようにいかない人は少なくないでしょう。仕事の数が多い人ほど、この傾向が強いと言えます。そのため、To Doが1日5件以上ある人や、予定の変更が多い人は、テンミニッツを試してみるといいでしょう。

「テンミニッツ」(カンミ堂)。仕事の性質と所要時間がひと目わかる専用付箋と時間軸が効く。
「テンミニッツ」(カンミ堂)。仕事の性質と所要時間がひと目わかる専用付箋と時間軸が効く。
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます。次ページでログインまたはお申し込みください。

次ページ パズル感覚! 時間軸と専用付箋の連動が効く