PR

待ちに待った「Siri」の日本語版がiPhone 4Sで使えるようになった…

 日本時間の2012年3月8日未明、米サンフランシスコで「The new iPad(新しいiPad)」の発表が行われ、それと同時にiOS 5.1のリリースも発表された、というニュースは、誰しも耳に入ってきていると思う。

 で、このiOS 5.1の「売り」は、iPhoneに向かって話しかけることでさまざまな操作ができる音声サービス「Siri」が日本語環境でも使えるようになったこと。「Siri」でできることはアップルのこのページがまとめている。音声でさまざまな指示を出して操作できるほか、音声での文字入力も可能になった。

図1 「あなたの望み、かなえます」と書かれているアップルの「Siri」紹介ページ
図1 「あなたの望み、かなえます」と書かれているアップルの「Siri」紹介ページ
[画像のクリックで拡大表示]

 そんな感じで、この日本語が分かるようになった「Siri」さんに、iPhone 4Sユーザーは「愛してる」とかいろいろと話しかけている、というわけ。そういういう人はたくさんいるみたいで、こんなまとめもある。

 筆者もご多分に漏れず、いろいろとやってみた。ホームボタンを長押しすると、「ご用件は何でしょう」と表示されるので、話しかけてみる。

図2 ホームボタンを長押しすると、「ご用件は何でしょう」と表示されるので、いろいろ話しかけてみる
図2 ホームボタンを長押しすると、「ご用件は何でしょう」と表示されるので、いろいろ話しかけてみる
[画像のクリックで拡大表示]

図3 なかなかウィットに富んだ会話が楽しめることも。同じ言葉に対して同じ反応が返されるわけではないのが、人間ぽくって面白い
図3 なかなかウィットに富んだ会話が楽しめることも。同じ言葉に対して同じ反応が返されるわけではないのが、人間ぽくって面白い
[画像のクリックで拡大表示]

 そういえばSNSで、「ダンナがiPhoneに向かって“愛してる”“好きです”とかささやいてる。ならば私に言え」みたいな、奥様からとみえる投稿があって、笑わせてもらった。いやまあ、ウチではダンナがそう思ってるかもしれないが…(笑)。