PR

 ついに、新型iPadが発売された。私もWi-Fiモデルを購入したので、次回のテーマにしたい。今回は、iPadを含め外出先でのインターネット接続に利用しているモバイルルーターを取り上げる。2月に発売された、NECアクセステクニカのモバイルWiMAXルーター、「Aterm WM3600R」だ。それまでは、2010年11月発売の前モデル、WM3500Rを使っていたのだが、たった一つの理由で乗り換えた。起動速度の大幅アップである。

Aterm WM3600R。写真のシルバー以外に、ピンクとブラックがある。また、So-net等、特定のISPが提供するモデルでは専用カラーが用意されている
Aterm WM3600R。写真のシルバー以外に、ピンクとブラックがある。また、So-net等、特定のISPが提供するモデルでは専用カラーが用意されている
[画像のクリックで拡大表示]

Micro-USBで接続するACアダプターが付属している
Micro-USBで接続するACアダプターが付属している
[画像のクリックで拡大表示]

 ドコモのXiだけでなく、ソフトバンクやイーモバイルもLTEサービスを始めている。未対応エリアでも従来の3G系回線につながることを含めれば、WiMAXより使える場所が多いのは魅力だが、WiMAXはルーターの選択肢の広さ、1契約で3端末まで登録できる柔軟性などが気に入っている。回線契約とのセット割引などがなくても、ルーターを比較的安価に買える点も見逃せない。WM3600Rは1万7800円で購入した。