PR


 今回は、新登場したiOS版の「iPhoto」を紹介する。ご存じのように、iPhotoは、Macの写真管理アプリとして有名だ。Macでは、「GarageBand」などと共にクリエイティブスイートの「iLife」を構成するアプリとして提供されていた。iOSでもiLifeのアプリが順次登場しているのだが、なぜか、最も利用機会が多そうなiPhotoが遅れていたのだ。満を持しての登場だけに、完成度が楽しみだ。

iPhoto
カテゴリー:写真/ビデオ 価格:450円

 iOS版のiPhotoは、新iPadが登場したタイミングでお披露目されたので、iPad用のアプリと思いがちだが、実は、iPhoneでも問題なく利用できる。ユニバーサルアプリなので両方持っていれば、それぞれで活用可能だ。

 インストールを終えると、アルバムという形で写真が読み込まれる。カメラロールなどに保存されている写真が自動的にリストアップされるので、手っ取り早く作業できるだろう。

 アルバム機能の中で、最も便利なのが似た写真をピックアップする機能だ。操作は簡単で、サムネイルで表示されている写真をダブルタップするだけでよい。驚いたことに、縦位置と横位置が混在していても、きちんと選択されるのだ。家族や友人の写真を撮影した際に、目をつぶっていないショットを選ぶなど、便利に使えるはずだ。あまり枚数が多いと写真が小さくなりすぎるが、5枚程度ならまあ許容範囲だろう。

 もちろん、iPadならもっとたくさん表示して選べるわけだが、写真を撮る機会は間違いなくiPhoneの方が多いので、役に立つ。例えば、旅行の移動中にベストショットを選べてしまうわけだ。

iPhotoを起動すると、iPhoneに保存されている写真がアルバムとしてリストアップされる。
iPhotoを起動すると、iPhoneに保存されている写真がアルバムとしてリストアップされる。
[画像のクリックで拡大表示]

[画像のクリックで拡大表示]

画面は、縦横どちらでも利用可能。写真に合わせて使い分けるとよいだろう。
画面は、縦横どちらでも利用可能。写真に合わせて使い分けるとよいだろう。
[画像のクリックで拡大表示]

写真をダブルタップするだけで似たショットを選び出せる。
写真をダブルタップするだけで似たショットを選び出せる。
[画像のクリックで拡大表示]