PR

 今回は、作図アプリ「DroidDia diagrams for Android」を紹介する。「作図」と聞くと、プレゼンのスライドに入れる図形作成などを思い浮かべる方が多いだろう。パソコンでは、そんな作業を頻繁に行ってきたからだ。ところが、今回紹介するアプリでは、自分で図形を描くことができない。作図はフローチャートの作成に的を絞ったアプリなのだ。

 書類に盛り込むような図を作るより、アイデアを生み出したり、頭の中を整理するための作図に向いている。例えば、移動中の電車の中やカフェで暇をつぶしているときに、考えごとを整理したくなる場面は少なくない。一昔前なら、ノートとペンを取り出して、思考を図解化して考えたものだ。スマートフォンを誰でもが持てるようになった今となっては、ノートとペンよりもデジタルで作業した方が便利だ。描いた図形の編集も簡単にできるので、消しゴムが不要。あれこれ考えながら、何度でも書き換えられるのだ。

 この手のアプリは、iPhoneがはるかに先行しており、アンドロイドには使いやすいものがあまりなかった。DroidDia diagrams for Androidの登場はうれしい限りだ。

 アプリを起動すると、方眼紙のような背景が表示される。左上の工具アイコンをタップするとファイル関係のメニューが表示される。必要ならここで新規ファイルを作成することもできる。とはいえ、サイズは固定なので縦横を指定するだけだ。

DroidDia diagrams for Android
カテゴリ:仕事効率化/価格:無料


DroidDia diagrams for Androidを起動すると方眼紙のような背景が表示される。左上カドの工具マークのアイコンをタップするとファイル関連のメニューが表示される。
DroidDia diagrams for Androidを起動すると方眼紙のような背景が表示される。左上カドの工具マークのアイコンをタップするとファイル関連のメニューが表示される。
[画像のクリックで拡大表示]

メニューは、六角形を組み合わせた蜂の巣のような形状だ。
メニューは、六角形を組み合わせた蜂の巣のような形状だ。
[画像のクリックで拡大表示]

ファイルのサイズは決まっており、縦横の向きを指定するだけだ。
ファイルのサイズは決まっており、縦横の向きを指定するだけだ。
[画像のクリックで拡大表示]